この夏の航空業界ニュース(その1)

みなさんこんばんは。

気づいたら今日も遅くなってしまい、
でも、楽しみにしていらっしゃる方もいるので、
昨日予告していたとおり、
この夏以降の航空業界ニュースをご紹介します。
b0239829_21303297.jpg

1)ロイヤルヨルダン航空が一部路線運航休止
http://response.jp/article/2014/07/28/228691.html
中東ヨルダンのロイヤルヨルダン航空は、
経営再編計画に基づき、アンマン=ムンバイ、
ラゴス、デリー線の運航休止を公式ウェブサイトで発表。

今回の運航休止については、
会社の財務構造改善のための決定と説明。

対象の3路線は、他航空会社との競争で
劣勢を強いられ、運航コストも増大していたとのこと。

ロイヤルヨルダン航空は2012年から
2年連続で多額の損失を出している。
隣国シリアの情勢不安により、
アンマン=ダマスカス、アレッポ線が
運航休止に追い込まれたのが主な理由。

ムンバイ線は9月10日、ラゴス線は10月10日、
デリー線は10月31日で運航を休止する。

今回の運航休止で、乗り入れ都市は
合計51都市となった一方、
新規路線の開設も検討中。

2)サウジアラビアの格安航空会社Flynas、インド路線運行開始 ‏
http://response.jp/article/2014/07/29/228759.html
サウジアラビアの格安航空会社Flynasが
8月からインドへの運行を開始します。

8月16日の就航当初は
ジッダ~ハイデラバード便を、
毎週水曜日と土曜日の週2便運行し、

9月1日からはジッダ~カリカット便を、
月曜日と水曜日の週2便運行するとのこと。

Flynasのインドへの就航は
サウジアラビアで働く在外インド人に
広く歓迎されるだけでなく、
Flynasの世界進出にとっても大きな前進になる。

同社はエアバス『A330』を含む
あわせて27機の旅客機を保有し、
サウジアラビア国内外
28ヶ所に週950便を運行中。

3)エア・インディア、デリー~モスクワ間直行便を就航…週4日 ‏
http://response.jp/article/2014/07/25/228510.html
エア・インディアは7/21より、
『ボーイング787 ドリームライナー』を使用した
デリー~モスクワ間の直行便の運行を開始。

この直行便は
月、水、金、土曜日の週4日の運行となり、
双方向の運行便で
プロモーション価格が適用される。

当区間は運転上の問題で
15年来閉ざされて来たが、
最近行われたインドとロシアの
各大統領の会談において
再開されることが決定した。

現在二都市間を行き来する
乗客の人数は、
多数のインド政府関係者を含め毎月1万人となっている。

モスクワは観光地として急成長していると同時に、
ヨーロッパで2番目に人口の多い都市であり、
エア・インディアはロシア国内の
他の都市への就航も検討していると見られている。

4)スパイスジェット、8月からカトマンズ便
http://response.jp/article/2014/07/16/227859.html
格安航空会社のスパイスジェットは、
8月から、コルカタからカトマンズを経由し
西ベンガルの重要な観光拠点である
バグドグラ着となる路線の運行を開始しています。

同社は就航記念のプロモーション価格として、
8月13日のフライトから
バグドグラ-カトマンズ間を
諸税別99ルピーで提供したことで話題に。

5)GoAirがコルカタ~ナグプール直行便を運行開始 ‏
http://response.jp/article/2014/07/29/228731.html
インドを代表するLCC、GoAirが、
コルカタ-ナグプール間の直行便を増やし、
1日2便になります。

これによりコルカタからナグプールへの
日帰り出張が可能となりビジネスマンには朗報。

コルカタから出発しナグプールを経由した便は、
午前10時にムンバイに到着し、しばらく駐機する。

その後18時55分に再びムンバイを出発し
ナグプールを経由してコルカタに戻る。

また同社は10月1日より、
ポートブレアへの直行便の運行も
開始する予定とのこと。

6)エアアジア・インディア、バンガロール~コチ間で運行開始 ‏
http://response.jp/article/2014/07/25/228457.html
エアアジア・インディアは7/20日、
バンガロール-コチ間の運行を開始。

6月12日にインドに就航した同社は今や、
バンガロールからゴア、チェンナイ、
コチへ毎日運行しています。

コチ国際空港の公式発表によると、
バンガロールを出発した就航便は
予定到着時刻の午前9時55分より
6分早くコチに到着し、
復路便は予定出発時刻の
午前10時20分より3分早く離陸したと伝えています。

つまりインド特有の「なぜかいつも遅延」ではなく、
「定刻よりも早い」ことが売りのようです。

また、限定プロモーション座席として、
同社はこの区間の運賃を
諸税込500ルピーで販売していました。

7)エアアジアが9月にジャイプル、チャンディーガルへ就航
http://response.jp/article/2014/07/29/228730.html
格安航空会社のエアアジア・インディアは、
バンガロールからジャイプルおよび
チャンディーガルへの就航を
9月5日から開始すると発表。

同時にバンガロール~ゴア間のフライトを
1日1便から2便に増やすとのこと。

これに伴いジャイプールまたは
チャンディーガル便は諸税込1999RS~、
ゴア便は諸税込1299RS~の限定価格を設定。


ということで、
明日も直前手配のドタバタが続く予感ですが、
皆様に満足のいくご旅行がしていただけるよう
最善を尽くしていきたいと思います。

なお、本ブログと弊社日本語メール窓口は
お盆期間中(8/9-8/17)はお休みとなります。
8月末までにインド旅行をご予定の方は、
既に鉄道チケットも埋まってきていますし、
早急に手配を開始する必要がありますのでお早めにご相談ください。

お盆休み中はデリーのツアーデスクのみの営業となります。
この期間中になにかお問い合わせが必要な場合には、
直接ツアーデスクまで、お電話にて
お問い合わせいただく形となりますのでご了承ください。

[PR]
by shigetatravels | 2014-08-06 21:32 | 航空/空港関連情報
<< インド下院が日本原爆被害者に黙... トランジットツアーを無料で楽し... >>