カーラチャクラ終了と大阪でインド原発映画上演

みなさんこんにちは。

ラダックで1976年以来2度目となる
ダライラマ法王によるカーラチャクラ潅頂が
無事終了したそうです。
http://www.dalailama.com/

昨年8月に今年のラダックでの
カーラチャクラの開催が決定してすぐに
街中のどの宿も1年先の予約が満室。

1泊での予約など不可能で
現地エージェント等は1年前から
今年の7月1ヶ月分の予約をして、
しかも前払い&通常よりも高い
料金設定の宿を押さえてきました。

この期間はチベット仏教徒たちの祈りが
町中に広がっていましたが、
同時に馬方やコック、ガイドなどが
仕事を断って儀式に参加するため
トレッキングなど長期レーを不在にするような
旅行手配ができなかったとも聞いています。

また、ホテルやゲストハウスなども
世界中から押し寄せる観光客や
チベットサポーターなどで埋まりつくしました。
以下の写真は儀式の際に作成された
カラフルな砂で作ったマンダラの写真です。
b0239829_17465687.jpg


さて、先日ご案内していた
インド原発の映画監督が来日しました。

老朽化して「世界一危ない」ともいわれる
インドのタラプール原発を描いた映画
「ハイパワー」の上映会が18日午後7時から、
大阪・十三のシアターセブンであるそうです。
http://chikyuza.net/archives/45870
b0239829_1752973.jpg

▼全国各地での上映情報はこちら
http://badseaweed.files.wordpress.com/2014/06/highpower_jp_v52.jpg

日本語字幕つきの上映は初めてで、
来日したプラディープ・インドゥルカー監督が
インドの脱原発運動や
住民の健康被害について語るトークもあるとか。

監督は現地の原子力研究センターの元職員。
退職後の2009年から反原発活動に関わるようになり、
2011-13年に、タラプール原発周辺の住民に
取材した内容をドキュメンタリータッチの
短編フィクションにまとめています。

作品はブラジルであった国際ウラン映画祭の
短編部門で受賞しましたが、インド国内では
「反体制的」としていまだに上映が禁止されています。

1966年に稼働したタラプール原発は
東京電力福島第一1号機と同じ
米ゼネラル・エレクトリック社製で、
沸騰水型炉では世界最古。

たびたび放射性物質が漏れ、
周辺の漁村では魚が孵化(ふか)しないなどの
被害が出ているほか、住民のがんや
流産も増えているとのこと。

監督は「タラプール原発周辺の住民は
福島の原発事故に大きな不安を抱いており、
日本はインドへの原発輸出をやめ、
原発依存から転換すべきだ」と呼びかけています。

また、サッカーのワールドカップが終わりましたが、
インドにもその影響が少なからずあるようで、
明日はインドのサッカーについてご紹介予定です。
お楽しみに。
[PR]
by shigetatravels | 2014-07-16 17:54 | 祝日・お祭り・イベント情報
<< インド女性はサッカーが好き? 少雨による影響ほか >>