インド大統領の演説

みなさんこんにちは。

今日は少し雨が降って最高気温が
久々に40度をきるかも?
と淡い期待をしています。

インドには首相の他に
大統領もいることをご存知ですか?

6月9日にプラナーブ・ムケルジー大統領が
インドの今後の発展のためには
観光業の活性化が欠かせないとして、
観光客向けの50の周遊旅行を考案し、
インフラの整備と聖地や巡礼地の
環境整備を計画していると発表しました。
http://response.jp/article/2014/06/11/225237.html
http://www.travelandtourworld.com/news/article/president-mukherjee-government-will-promote-indias-pilgrimage-tourism/

昨年、インドを訪れた
外国人観光客は680万人と
2012年と比べて5%増加しましたが、
国土面積ではわずか6分の1のタイは
同年1億4800万人、シンガポールでも
1億0250万人と大差をつけられています。

また、国内では人気のティルアクセスや
ティルパリなどの巡礼地へのアクセスや
環境の整備も不可欠と考えられている
と各メディアは伝えています。

環境整備には、鉄道整備の他
ヴァラナシ等のガート整備、
気候変動への本格的な予測設備の強化、
ヒマラヤ山地の環境整備、
ガンジス川の水質浄化、
大気汚染レベルの向上も含むとのこと。

観光省は各省庁と協力し、
インド各地であわせて108もの
関連プロジェクトを計画中とも。

また、日系企業の多く集まるデリーの
近郊都市グルガオンが属するハリヤナ州が
ファリダバードに天然ガス発電所を、
ヤムナー・ナガル地区に
石炭使用の超臨界発電所の建設を
計画しているとも伝えられています。
http://response.jp/article/2014/06/08/224947.html

この計画は2017年から開始される
5か年計画に盛り込まれ、
十分な量のガスが
供給されたのちに開始されるとのこと。

ハリヤナ電力供給株式会社(HPGCL)は
2×750メガワットの
天然ガス発電所の建設のため、
ファリダバードの均衡に
91エーカーの土地を購入済み。

またヤムナー・ナガル地区の
発電所の操業とメンテナンスのため、
中国の上海電力から
14名の技術者を招くことも
決定しているとのこと。

予算がどこから出てくるのか・・・
という面はさておき、
10年後のインドが今よりもずっと
発展を遂げていると期待できる内容ばかりですね。


関連ニュース:http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304826804579619572528925470
b0239829_1431180.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2014-06-13 14:34 | インドニュース関連
<< 6月の航空会社新路線就航情報‏ デリー全域WI-FI化計画始動! >>