人気ブログランキング |

インドの夏休み対応列車情報他

みなさんこんにちは。

今日も昼には42度を予定しているデリーですが、
北インド鉄道会社はこのほど、
夏休み(インドでは4-6月が猛暑シーズン)の
列車増発や車両追加等対応を始めると発表しました。
http://timesofindia.indiatimes.com/city/delhi/38-new-trains-extra-trips-to-cope-with-summer-rush/articleshow/35611624.cms

人口増加、経済発展、生活向上に伴い
鉄道を利用して国内移動をするインド人が増加。

2013年の1-3月度では
毎日42万2千人の予約受付だったのが、
今年の同時期には1日あたり
46万7千人に増加しています。

ホーリー祭のあった3月の1ヶ月間のみに限定すると、
毎日49万5千人が予約をしていたとのこと。

ニューデリーにあるANAND VIHAR駅では、
3月は毎日29万2千人、
4月は毎日31万1千人の予約手配をしたとか。

北インドは6月中旬以降の雨季に入る前が
年間で1番暑い時期となり、
この時期に夏休みをとる人が増えます。

また、雨季に入った後でも蒸し暑く、
避暑のために北へと逃げるインド人は後を絶ちません。
b0239829_13193549.jpg


多くの鉄道チケットの予約開始時期は
出発60日前~なので、今現在既に、
7月下旬の列車までがほぼ満席状態・・・。

そんな中、インド人の夏休みに合わせ
北インド鉄道会社が増便、増車両、
スタッフ増員等で対応しようという動きは大歓迎です。

北インド鉄道会社広報によると、
NEW DELHI + ANAND VIHAR駅で
35人の案内係を増員、デリー市内主要駅では
あわせて200人の鉄道要員を投入し、
各駅で予約専用窓口を増設するとのこと。

夏休み期間の予約は既にどれも満席。

出発前日から予約が可能になる特別枠
(TATKAL QUOTA)チケットの販売についても、
予約開始15分間はこれら駅窓口での直接購入を優先し、
その後のネット予約を予定しているというのが要注意。

弊社でも直前予約等の場合には、
特別枠チケット手配の取扱いをしていますが、
殆どのケースで予約開始早々10-15分で売り切れてしまい、
短距離区間等でない限り
座席確保は非常に厳しいのが現実です。

そんな中、
最初の15分は窓口予約を優先する・・・となると、

旅行会社を通じての特別枠チケット確保は
更に厳しくなるということが
お分かりいただけると思います。

詳細情報は出ていませんが、
兎に角座席数を増やして
より多くの旅客が予約可能になる
というニュースは嬉しいですね。

インドで鉄道旅行を予定している方は
インドの夏休み、連休時期から起算して
1.5ヶ月前にはどの区間も
殆ど満席になってしまいますので、
早め早めの手配開始をお奨めします。

また、デリー周辺在住の方で
既に鉄道チケット満席、航空券高騰等で、
デリーから避暑に出かける気力?体力?
チャンス?を失っている方にお出かけ情報です。
http://www.livemint.com/Leisure/ZlFOM7KxThWcKNAHYzPcxH/National-Museum-When-it-all-began.html
設立から70年を迎えようとしている
インド国立博物館がこのほど、
1949年の設立~の歴史をまとめた
特設展を行なっています。
b0239829_13184028.jpg

国立博物館1階の
[DOWN MEMORY LANE]特設展。

6/12まで月曜日を除く
毎日10AM-17PMの開館ですので、
興味のある方は是非足をのばしてみてください。
by shigetatravels | 2014-05-27 13:22 | 鉄道情報
<< スパイスジェット夏季増便&デリ... ムンバイでピザの空送デリバリー?! >>