デリーのムガル庭園一般公開

みなさんこんにちは。

先週末は東京で大雪ということで
フライトの欠航等が相次ぎ、
どたばたの週明けでしたが、
やっと通常業務ができるまで落ち着きました。

皆さんは雪の被害はありませんでしたか?

今週末も日本は大雪といわれているので、
ご旅行予定の方はフライト運行の変更や
到着の変更があれば
お電話にて直接ご連絡ください。

週末は日本語メール窓口業務はお休みのため、
すぐにメールの確認等ができませんのでご了承ください。

こちらデリーは日本で言うと、関東地方の4月並み。
まさに春。といったところです。

雨も少なく、非常に過ごしやすい時期ですので、
観光ピークシーズンということで
世界中から多くの観光客がやってくる時期です。

さて、インドでおそらく最良の植物園であり、
希少価値の高い何千品種もの樹木や花、
果物を有しているといわれるデリーの
ムガール庭園をご存知ですか?
b0239829_1542029.jpg

州議事堂の近くに位置し、
大統領官邸等重要な建築物を含む、
宮殿複合体の中にあるムガール庭園は、
通常は一般の立ち入りが制限されていますが、
毎年今の時期に一般入場が許可されます。
b0239829_1543590.jpg

今年は2月15日~3月17日
(春の到来を祝うホーリーの祝日)までの
月曜日を除く期間が、ムガール庭園の
一般公開期間ですので、この期間に
デリーへの訪問を予定しているのでしたら
是非立寄ってみるといいと思います。

ちなみに、昨年のデータでは48,000人近くの
訪問を記録していて
非常に人気がありることが伺えます。

インドにはムガル庭園は全部で13あり、
タージマハルの前に広がる美しい庭園や、
デリーのフマユーン廟の庭園、
スリナガルにあるNISHAT BAGH等も有名ですが、

デリーのムガール庭園は、
英国統治時代にインド各地に配置された
総督の官邸として利用されていたもので、
宮殿複合体風に設計されています。

黄砂岩と赤砂岩及び様々な色をした
大理石が使われ、巨大な宮殿には340の部屋、
35のロビー、広大でよく手入れの行き届いた
庭園や中庭、37の噴水を擁していて、
インドが誇る建物のひとつに数えられています。

ペルシャ風の水のアートを緑地に取り込んだ
設計は16世紀のスタイルそのままで、
インド独特の混沌とした雰囲気から
この庭園にやってくると、本当に心休まる
異空間の素晴らしさを満喫できると思います。
b0239829_155035.jpg

期間中は月曜日を除き、
毎日10AM-4PMの入場で、
入場料が無料というのもうれしいですね。

CHURCH ROAD近くのGATE#35
から入場すれば入り口まで300M程度。
セキュリティチェックが厳しいので、
カメラ/携帯電話/バッグ/財布等の持ち込みができません。

入り口で預けることはできますが、
長蛇の列ですし、紛失の恐れもあるのでご注意ください。

弊社で専用車をチャーターすれば、
車のトランクに荷物を置いて(車上狙いの恐れ
があるので外から見える車内に
荷物は置かないでくださいね)自由に散策可能です。

ハーブ園や盆栽ガーデン等を抜けた先にある
ムガル庭園には、今が旬の多様な花が咲き乱れ、
手入れの行き届いた水路や噴水のアートに
目を奪われることと思います。
b0239829_1553567.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2014-02-13 15:10 | 祝日・お祭り・イベント情報
<< インド鉄道トリビア Surajkund Craft... >>