デリーに巨大ガンジー壁画出現!

みなさんこんにちは。

2月に入り、デリーは随分と春が近づき、
暖かい日が続いています。

1月末ですが、デリーの警察署
(DELHI POLICE HEAD QUOTERS)の
壁面に大きなガンジーの顔の壁画が完成しました。
b0239829_15364023.jpg

これは、1月18日から始まった6週間にわたる
アートフェスティバルの一環によるもので、
世界中から60人以上のアーティストが集まり、
デリーの街全体をアートギャラリーにしよう
というイベントです。

フェスティバル開催の2週間ほど前から
デリー市内にある30の荒涼としたビルの壁画が
真っ白に塗られ、アーティスト達のスケッチブックと化しました。

デリー警察や南デリーのShahpur Jat 住宅街などの
外観が新しくなり、今後、同じく南デリーで最近注目の
おしゃれなエリアHauz Khas Villageや西デリーにある
Tihar 刑務所の壁画も彼らによってペイントされていく予定とのこと。

今のところの最高傑作はいうまでもなく、
インド人ペインター MS.ANPU VARKEYとドイツの
ストリートアーティストMR.HENDRIK BEIKRICHの
共同制作により5日間かけてデリー警察署に描かれた
モノクロのマハトマ・ガンジーの巨大壁画でしょう。
b0239829_15371271.jpg

デリー観光中に見たい人は、
ラージガートから国立現代美術館
(NATIONAL GALLERY OF MODERN ART)に
向かう途中で観ることができます。

因みにガンジー関連の施設は
デリーに3箇所あるのをご存知でしょうか?

1.GANDHI SMIRITI
SMIRITIとは英語でMEMORIES(回想)を意味しますが、
ここはガンジーが亡くなるまでの
最後の144日間を過ごした場所です。
インド独立後、ガンジーはこの場所で
KHADIをつむいでいました。

庭園は美しく彼の足跡が残されています。
博物館には彼が愛用していた部屋と眼鏡、
そして、多くの写真や書物が展示されています。
2005年にはETERNAL GANDHI
MULTIMEDIA MUSEUMが完成し、
そこではガンジーの生涯についての
多くの記録を観ることができます。

Timing : 10:00 am to 5:00 pm.
Closed : Monday
Map: http://goo.gl/maps/5lSsb
Website:http://gandhismriti.gov.in
b0239829_15371714.jpg


2.RAJ GHAT
1948年の暗殺事件後、
ガンジーが埋葬された場所です。

昨年12月には日本の天皇陛下
ご夫妻も献花に訪れた場所で、
毎日多くのインド人や観光客が訪れます。

Timing : 10:00 am to 5:00 pm.
Closed : Open all days
Map: http://goo.gl/maps/E2wcQ

3.NATIONAL GANDHI MUSEUM
上記ラージガートから道を挟んで350Mに位置します。

ムンバイで最初にガンジー博物館が設立され、
その後、デリーのこの地に1961年に移築されました。

ここには手紙や封書、フィルム映像をはじめ、
本や写真、音声録音テープにいたるまで
ガンジーのあらゆる資料が保管されています。

図書室には27000冊以上の関連書籍があり、
貴重な写真等も見ることができます。

また、土日曜日の4-5PMに上演される
フィルムは一見の価値があります。

Timing : 10:00 am to 5:00 pm.
Closed : Open all days
Map: http://goo.gl/maps/75RSB
Website: http://www.gandhimuseum.org

デリーでガンジーに浸る休日なんて
普通のパックツアーではできないですし、
弊社で専用車チャーター手配をして
自由に散策するのもアリだと思います。
[PR]
by shigetatravels | 2014-02-04 15:41 | 観光便利情報
<< Vasant Panchami... 3/31までに2005年以前の... >>