3/31までに2005年以前のRS紙幣を全面回収?!

みなさんこんにちは。
インドの中央銀行に当たるインド準備銀行は、
被害が拡大する偽造紙幣対策として
2005年以前に造幣されたRS紙幣を
今年3月31日までに全面的に回収すると発表しました。

これに従い各銀行は要請があれば
該当の紙幣交換を行うこととなります。

3月31日以降は
2005年以前の紙幣価値がなくなる、もしくは
使えなくなるということではなく、
銀行での交換&回収対象になるという事ですが、

2014年7月14日以降は、
10枚以上の高額紙幣を銀行で交換・回収
してもらう為には身分証明書と
銀行への登録が必要になる模様です。

ただ、その銀行に口座をもっている
本人であれば身分証明者は不要とのこと。

交換・回収の対象になるのは
お札の裏に年号が入っていない
2005年以前に発行された紙幣です。
以下のURLから画像を見ていただければ
判りやすいと思いますが、赤い所に
年号が入っていないお札は全て交換・回収の対象になります。
http://profit.ndtv.com/news/your-money/article-pre-2005-notes-will-not-work-after-march-31-all-you-need-to-know-37860
b0239829_14484651.jpg

少額の10RS、100RS札だけでなく、
500RSや1000RSといった高額の紙幣も対象です。
また、新たに印刷する紙幣については
最新の工夫が盛り込まれると述べました。

激増している偽造紙幣への対策は
世界各国の中央銀行が直面している課題で、
プラスチック製の貨幣製造も増えています。

英国では2016年から
ポリマー製の紙幣が出回る予定で、
ポリマー製紙幣は既にオーストラリア、
メキシコやカナダなど25カ国以上で導入済み。

プラスチック製紙幣の耐用期間は
従来のものより長く、造幣費用も
使用期間を考えれば結局、
より安価になるとされています。

ただ、インド社会では現金支払いが重視され、
インドの人口でみると、
自分の銀行口座を持っている人が
まだまだ少なく、小規模自営業者等は
税金対策のために、大量の現金を
自宅に保管しているともいわれます。

どうやら本当の理由は、
そこにあるようです。

古い紙幣を回収することで、
隠していたタンス預金を交換しなければいけなくなり…
税務署がそれらを確認して
追徴課税することで税収を上げてインドの経済を
好転させようというたくらみが隠れているようです。

ということで、前回のインド旅行のあと両替せずに帰国、
現在手元にインドルピーを持っている方、
次回のインド旅行時には銀行で身分証を提示すれば
新紙幣と交換できますのでご安心ください。
[PR]
by shigetatravels | 2014-01-31 14:52 | インドニュース関連
<< デリーに巨大ガンジー壁画出現! 共和国記念日パレード中継動画u... >>