選挙でメインバザールが閉鎖のデマ?!

みなさんこんにちは。

昨日12/4はデリーの州選挙があり、
一般の社会人が多く選挙にいけるようにと、
選挙地域の会社や店舗は休みのところがありました。
http://www.niticentral.com/2013/12/04/48-per-cent-voting-in-new-delhi-60-per-cent-in-lodhi-colony-164653.html
b0239829_14532163.jpg


その情報に乗じたデマが広まったらしく、
昨日は多くのお客様から、
「選挙のためにメインバザールは
閉鎖されていて入れない。と聞いたのですが、
本当ですか?」という問い合わせの電話が
多くありました。

まったく、詐欺師達はあらゆる情報を
「活用」して営業活動をしているようです。

メインバザールはお祭りやデモ、
工事や選挙、VIP訪問等による
セキュリティ強化等の理由で閉鎖されたことは
いまだかつて一度もありません。

これから年末のピークに向けて、
「クリスマスだから」
「お正月だから」
「パレードがあるから」等の理由で
メインバザールに連れて行かず、
他の旅行者やホテルへ
バックマージン狙いで連れて行く
タクシー運転手等が増加すると思うので、
みなさんも十分にお気をつけください。

それにしても、昨日の選挙、
ニューデリー市の投票率は74%、
RK PURAMにいたっては80%をカウントとのこと。
日本人のお客様はこの投票率の高さに驚いています。

その一方で、
インド人は日本の選挙投票率の低さに
驚いています・・・。
[PR]
by shigetatravels | 2013-12-05 14:55 | インドニュース関連
<< 天皇訪問記念切手販売開始 天皇陛下インド訪問 >>