南インドのインフラ整備計画始動

みなさんこんにちは。

先日ご紹介した南インドですが、
空港設備だけでなく、インド南部で
大規模なインフラ開発計画が始動しています。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131127/mcb1311270502009-n1.htm
b0239829_165332.jpg


総投資額は国内総生産(GDP)の約12%にあたり
3兆RS(約4兆9000億円)となる見込みだそうです。

政府は西部マハシュトラ州ムンバイと
IT企業が終結している南部カルナカタ州
バンガロールを結ぶ全長1000KMに及ぶ
産業回廊の建設計画を着手すると発表しました。


既にイギリス政府と共同で
事前調査をすると合意していて、
近く開発業者の入札を始める見込みとのこと。


詳細は明らかになっていませんが、
道路建設等インフラ整備と
産業集積を進め、少なくとも4箇所の
工業地区を設置することで、
特に製造業の飛躍的な拡大を
見込んでいます。

回廊沿いでは250万人の雇用を創出、
100万戸の住宅が新たに建設される見込み。

一方で、北部パンジャブ州
アムリトサルから首都デリーを経由して
東部の西ベンガル州コルカタを結ぶ
東部産業回廊の計画についても
事前調査の実施を承認しています。

この地域にはインド全人口の
4割が集中していて、
開発を促進することで
雇用拡大を目指すとのこと。


インド北西部では、日本と共同の
「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」
も動き始めています。

この構想は政府の承認手続に
時間がかかり、計画通りには
進んでいないという懸念もありますが、

国内主要都市を結ぶ
3本の産業回廊の構築は、
低迷するインド経済を再生する
起爆剤として期待がかかっています。

でもまずは、各家庭、鉄道の各車両に
トイレを設置するほうが、庶民の私としては
興味があるところなのですが・・・。


関連ニュースは以下でも確認できます。

その1:チェンナイに総合工業団地、日揮とみずほ銀行参入
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131118/mcb1311181639017-n1.htm

その2:ビジネスに最適なのはバンガロールという統計結果
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131113/mcb1311130505025-n1.htm

b0239829_1655565.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-28 16:56 | インドニュース関連
<< 天皇陛下インド訪問 デリー周辺航空業界情報‏ >>