航空業界、空港関連ニュースあれこれ(南インド)

みなさんこんにちは。

週明けからは怒涛の
年末年始の見積り案内に明け暮れております。

既に鉄道チケットはどのクラスも枠も満席、
ホテルも多くが満室ということで、
手配に苦戦しています。
まだ手配をはじめていない方は、
早急に手配開始が必要です。

さて、今日はこの秋に発信されたインドの
航空業界、空港関連ニュースあれこれをご紹介。
南インドが活発化しているのがうかがえます。
b0239829_1745234.jpg


1)SPICE JETがドバイ便を増便
http://response.jp/article/2013/10/31/209761.html
インドの格安航空会社スパイスジェットは、
11月22日より南インドのマドゥライと
アラブ首長国連邦ドバイ間のフライトを
毎日運航すると発表。

同航空会社は既にインドの都市であるデリー、
ムンバイ、コチ、アーメダバードとドバイ間で
毎日フライトを運航をしています。

チケットの価格は現在片道約6,999Rs、
往復13,999Rsほどで販売とのことです。

2)SPICE JETとINDIGO、今冬20%増便
http://response.jp/article/2013/10/20/208943.html
INDIGOは前年度の冬期のフライト数の
週2444便から週2987便に 、
SPICEJETは週2233便から週2718便に増加。
既存ルート内でフライト数は増えたものの、
新しい発着点の追加はされていない模様。

3)ケララ州に4つ目の空港建設認可おりる。
http://response.jp/article/2013/11/26/211653.html
ケララ州KANNURに建設予定でインド初の私設空港、
KGS アランムラ・インターナショナル空港が
環境森林省からの最終認可がおりたため
正式に開港することが決定。

州都トリヴァンドラムから110km離れたこの空港は
まもなく建設工事が開始され
2015 年11月までには運営を開始予定。

調査によると、開港後は年間1,500万人の旅客利用と、
86,000トンのカーゴ利用が期待されているとのこと。
b0239829_177219.jpg


4) BRITISH AIRWAYS、チェンナイ-ロンドン間直行便を増便
http://response.jp/article/2013/11/11/210422.html

BRITISH AIRWAYSはチェンナイ-ロンドン間の
直行便を週6便に増やした事を発表。

機体はB777-200、木曜以外は毎日
チェンナイ-ロンドン間を運航しており、
その他インドの主要都市とも合わせると、
同航空会社は週48便ものフライトを、
ロンドン-インド間で直行便を飛ばしている事になる。

5)インディゴ小型機導入予定と発表
http://www.firstpost.com/business/indigo-plans-to-expand-fleet-with-smaller-aircraft-1245427.html

INDIGO AIRLINEの広報はこのほど、
時期は未定ですが、近いうちに
国内線区間で小型機を導入すると発表。

INDIGO AIRLINEは今年で6年目の
新しい航空会社にもかかわらず、
今や格安航空業界では、
その安さと定刻での運航に、
エアインディアやジェットエアーを凌ぎ、
人気ナンバー1の航空会社となっています。

小型機導入が本格化すれば、
もっと小回りのきく運航が可能となり、
今後の航路拡大にも繋がるので期待がもてますね。
b0239829_1752515.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-26 17:08 | 航空/空港関連情報
<< デリー周辺航空業界情報‏ 女性銀行開設&象と衝突事故再び >>