ネパール国境閉鎖情報&火星探査機打ち上げ

みなさんこんにちは。

インドとネパールを掛け持ちで
旅行される方へ、ニュースが入りました。

ヴァラナシ等インドから陸路で国境を越えて
ネパールへ向かう予定がある旅行者様には重要です。

11/19にネパールで実施される制憲議会選挙に伴い
ネパール国内の治安悪化が懸念されることから
11/18 @18:00PM-11/20 @06:00AMまでの期間
両国の国境を閉鎖する旨合意したと発表しました。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2013C453

b0239829_13401811.jpg

b0239829_13402053.jpg


またこの選挙に向けて、
ネパール制憲議会選挙に対する
抗議活動等に関する注意喚起というものが
外務省から出ていますので
ご旅行予定がある方はあわせてご参照ください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2013C409

さて、先日の気象衛星に続き昨日
南東部チェンナイ近郊にある
サティシュ・ダワン宇宙センターから、
初の火星探査機を打ち上げました。
http://www.miamiherald.com/2013/11/05/3732316/india-counts-down-to-launch-of.html

b0239829_13461444.jpg


これまでに火星探査を成功させたのは
米航空宇宙局(NASA)と旧ソ連、
欧州宇宙機関(ESA)のみ。

日本は1998年に打ち上げた火星探査機「のぞみ」を
火星の軌道に乗せることができず、
中国の探査機も2011年にロシアの探査機
「フォボス・グルント」と共に打ち上げられたが、
最終的に失敗に終わり、
英国の火星着陸機「ビーグル2」は、
03年にESAの火星探査機から
分離したものの、その後通信が途絶したとのことで、
インドのニュースをにぎわせています。
b0239829_13454458.jpg


インドの火星探査機は打ち上げから
10カ月で火星に到達させる計画で、
地形や土壌、大気などを調べ、
火星から水がなくなった経緯や
メタンガスの分布調査、
2つの衛星の探査などを実施する予定とのこと。

ただ、ISROの局長は、
探査機を火星に到達させることが
最大級の技術的課題だと話しているようです。

インドは1975年に初の人工衛星を打ち上げ、
2008年には無人探査機を
月の軌道に乗せることに成功。
16年には有人宇宙船の打ち上げを目指します。

10ヶ月先の話にはなりますが、
無事、火星に到達できることを
皆さんも見守っていただければと思います。
b0239829_13454427.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-06 13:48 | 観光便利情報
<< 国境観光化とアムリトサル ディワリ&ETHNO-EXOT... >>