インド首相はハッキングの不安なし!

みなさんこんにちは。

ここ数日ツアーデスク周辺WI-FI環境が不安定で、
1日に数時間程度しか
インターネットにうまく接続できません。

インドというお国柄、
WI-FI接続がときに非常に弱く、
一度にいくつものパソコンを
ネット接続させられないことがよくあります。

お問い合わせいただいているお客様においては、
そのような事情もご理解いただき、
今しばらくおまちいただけますよう
よろしくお願いします。

また、YAHOO/GMAILその他アドレスへの
返信メールが迷惑メールにまぎれることもあるようです。

返信が来ないとお困りの方は、
メールのセキュリティ設定や迷惑メールをご確認のうえ、
日本の携帯連絡先とともに、
再度お問い合わせいただけると
スムーズに対応が出来ると思います。

また、弊社だけでなく、
鉄道会社のネットアクセス等も同じ理由で
アクセスができず、手配に時間がかかることも
想定されますので、インド旅行をご予定の方は、
早めはやめの準備開始をお奨めします。

さて、アメリカの諜報機関が
ドイツ首相の携帯電話を盗聴していたという報道。
日本の首相も盗聴されていたのでしょうか?
世界中で30カ国程度の政府機関トップへの
盗聴が問題になっていますが、
インドではそのような心配はないようです。

http://www.thedailystar.net/beta2/news/spying-manmohan-has-no-worries/
b0239829_1647435.jpg


インド高官が発表した話によると、
首相官邸ではメールを利用して
各種伝達等を行なってはいますが、

現在81歳になるMANMOHAN SHINGH首相は、
携帯電話も個人メールアドレスも所有していません。

なので、アメリカがハッキングしても
何の心配もない、とのこと。

政府関係者や各国インド大使館、領事館等との
コミュニケーションはメールや携帯を利用していますが、
こちらも、インド政府としては
そのようなハッキング行為を見越して、
セキュリティを強化して管理しているので
問題はないとのことです。

b0239829_16475727.jpg


ま、首都デリーの電力事情やネット事情を考慮すると、
インド政府高官の見解もあながち間違ってはいませんが、

問題はそれ以前のところにあるのではないか・・・
とも思います・・・。
[PR]
by shigetatravels | 2013-10-28 16:49 | インドニュース関連
<< 12/28-2/15一部鉄道運... コルカタ中心部で自転車通行禁止... >>