ラダックマラソン

みなさんこんにちは。
夏休みピークがあけて、一息ついていたらあっという間の週末です。
今週末9/8はレーにて第二回ラダックマラソンが開催されますよ。

http://www.ladakhmarathon.com/races/

既に8/15で登録手続は終了していますが、
昨年は世界中から1500名もの参加があったそうで、
日本からも参加者がいて、日本のTVでも紹介されたとか。

b0239829_13575266.jpg


コースは全部で4つ。
地元の子供たちが多く参加する1番短い10KMコースでも、
レーの標高は3524メートルもあるので、
一般のランナーにはかなり厳しいコースとなります。

21KM ハーフマラソンではレーの街中を通り抜け、
丘を駆け上がって戻ってくるというコースですが、
翌年にフルマラソンに挑戦するランナーのためのコースといわれます。

42KM フルマラソンは世界で一番標高の高い開催場所となりますが、
レーを発着点として、周囲の地区やレー渓谷を流れる
インダス川にかかる橋を幾つか渡っていくコースで、
ベテランランナーでもなかなか厳しいコースだといわれています。

そして最後のKHARDUN LA チャレンジは、
世界中のあらゆるマラソンを走破してきた大ベテランの
ランナーが自身の極限に挑むことのできるコースとなっています。

景色が素晴らしいKHARDUNG村を発着地点として、
車でアクセスできる峠として世界でもっとも標高が高い
5620MのKHARDUNG LA峠を越えて、
夏に放牧されるヤクの群れやラダックの
東カラコルム山脈の景色を楽しみながら走るコース。

このコースの素晴らしいところはやはり、
峠に到達したらあとは
下り坂のみが待っているということでしょうか・・・

もともとレー自体が海抜3500Mをこえる地域なので、
事前にしっかりと高度順応しておかないと、
空港に到着した途端に高山病になる観光客もいる場所です。

私はマラソンはおろかジョギング/ウォーキングすらしませんが・・
もしKHARDUNG LA CHALLENGEを完走することができたら、
一生の思い出になることと思います。

b0239829_13573843.jpg


ちなみに、昨年の入賞者の名前を見る限り、
外国人参加者も多く居たとは思いますが、
現地の人たちが入賞を独占しているようです。
ま、当然かもしれませんが。。。。

昨年も今年も、弊社利用のお客様で
このマラソンへのお問い合わせはありませんでしたが、
是非、今から準備してトレーニングをし、
来年以降、弊社のお客様で参加者が出たら、
レポートをしていただきたいと思います。

それでは良い週末をお過ごしください。
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-06 13:59 | 祝日・お祭り・イベント情報
<< ガネーシャのお祭り(Ganes... インターネットユーザー世界3位に‏ >>