バンガロール空港等でも到着時にビザ取得可能に

みなさんこんにちは。
インド旅行をご予定の方に朗報です。

空港到着時に観光ビザが取得できる制度、
『ビザ・オン・アライバル』が、
デリー、チェンナイ、ムンバイ、コルカタの国際空港に続き
バンガロール、トリヴァンドラム、コーチン、
ハイデラバードの空港でも取得が可能になりました。

http://www.indianexpress.com/news/thiruvananthapuram-kochi-hyderabad-bangalore-airports-to-get-visaonarrival-facility/1152794/

申請が可能なのは日本/シンガポール/ニュージーランド/フィンランド/
ルクセンブルグ/ベトナム/カンボジア/フィリピン/ミャンマー/ラオス/
インドネシアの指定11か国からの旅行者のみに限定されています。

インドへの観光ビザ取得は手続が面倒で時間がかかるので、
旅行までに手続が間に合わず、到着時にビザを取得する旅行者も増えていて、
このシステムを採用してから外国人観光客は22%増加したといわれています。

適用要件は以下の通りです。

1)入国理由が観光、または知人・友人・親戚訪問であること
2)インド国内に住所を持たず、また就労もしていないこと
3)パスポートの有効期限が6ヶ月以上あること。
また、申請者の出身国の法律に基づいた再入国許可証を所持していること

上記の条件に加えパスポートサイズの写真1枚と
申請料60 USD ドル(または同価値のインドルピー)が必要です。

なお、ビザの有効期間は1回の入国につき最長30日間までとなり、
期間延長や異なるビザへの変更は認められませんのでご注意下さい。
詳細は以下で確認ができますが、まだ最新情報に更新されていないようです・・・・

http://www.indembassy-tokyo.gov.in/Touristvisaonarrival.html

インド政府は今後、申請可能な国をドイツ/フランス/ロシア等
更に10カ国追加する予定で、2016年までには、
年間1200万人の外国人観光客を取り込む目標を掲げています。
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-04 19:09 | ビザ情報
<< インターネットユーザー世界3位に‏ ガソリン値上がり問題 >>