ムンバイでモノレール開業

みなさんこんにちは。

2月初旬のことですが、
慢性的な交通渋滞が社会問題になっている
インド西部の商都ムンバイで、
国内初のモノレールが開業しました。
http://starwination.com/mumbai-monorail-route-map-ticket-fares-and-expansion-plans/
実現まで曲折もあったのですが、
平均17メートルの高架からの
光景が魅力で、新名所となっています。

インド各都市部では、
人口急増や自動車の急速な普及で
交通渋滞の悪化や大気汚染も問題となっていて、
都市交通の整備が大きな課題。

今回開通したのは第1期工事部分で、
ムンバイ中心部ワダラ-北東部
チェンブールの8.93キロメートル。

ムンバイ都市圏開発公社によると、
すべて完成すると全長20キロ、
1日の乗降客数は10万~20万人が見込まれ、
交通渋滞の緩和に大いに貢献できるとのこと。

モノレール工事を手掛けたのは
マレーシアの石油・ガス関連企業
スコミ・エンジニアリングと
現地企業の共同企業体で
総事業費は300億ルピー(約492億円)。

当初の予定よりも約3年遅れての開通となりました。

インド政府は都市交通インフラの整備を
強化していて、今後、国外からの投資を
積極的に誘致する姿勢を示しています。

真新しい車内は開業目的とは違い、
現状は「観光」目的の人が大勢乗車しているとのこと。

全面開通までにはまだ、
さまざまな難題も山積している模様。
スラム街の土地取得が難航し、
開業は約3年遅れました。

今後の延伸計画を含めると、
立ち退きは5万戸以上で
予算も大幅に膨らむ予定とか。

大量輸送に不向きなモノレールは、
人口2000万に達するムンバイ都市圏の
交通渋滞解消には「力不足」
との声もあるようです。

空港から約25キロ離れたビジネス街まで
車で2時間以上かかることもあり、
過密輸送を迫られる鉄道の事故死亡者は
年間3500人超(2012年)で
「対策にはほとんど意味がない」(地元記者)とも。

明るいニュースは、
インドで社会進出が進まない女性を
積極的に採用していることだそうで、
インド初の女性モノレール運転士も誕生したとか。

ムンバイを訪問予定の方には朗報だと思います。
詳細地図その他情報は以下URLをご参照ください。
http://starwination.com/mumbai-monorail-route-map-ticket-fares-and-expansion-plans/

# by shigetatravels | 2014-03-20 13:32 | 鉄道情報 | Trackback | Comments(0)

4月以降の航空業界情報

みなさんこんにちは。

暫くお祭りモードのご案内が続きましたが、
今日は4月以降の
航空業界情報についてご案内します。

全日空(ANA)は成田/ムンバイ線で、
2014年4月以降に
一部日程で減便して運航します。

現在この路線は
ANAビジネスジェットの737-700ERで38席、
または44席仕様でデイリー運航しています。

このうち、4月19日から5月14日、
6月21日から7月9日については
水、土を除き、
月、火、木、金、日の週5便での運航となります。

すでにANAホームページでの予約も
このスケジュールが反映されています。

なお、詳しいスケジュールはANAのホームページ、
または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2014/04/19 〜 2014/07/09
http://flyteam.jp/airline_route/nrt_bom/flight_schedule


また、ブータンのドゥルク航空は
2014年5月1日から、
パロ/ムンバイ(インド)線に就航します。


運航は木、日の週2便で、機材はビジネス16席、
エコノミー102席のA319です。

この路線は以前から就航が計画されており、
ドゥルク航空のホームページでも
スケジュールが確定しています。

なお、運航は直行便となります。
詳しいスケジュールはドゥルク航空のウェブサイトを参照ください。

■パロ/ムンバイ(インド)線
KB206 パロ 08:00 / ムンバイ 10:40
KB207 ムンバイ 13:00 / パロ 16:30
期日: 2014/05/01から
http://www.drukair.com.bt/PG_Home.aspx

弊社にてブータン旅行手配&ビザ手配も可能です。
いつでもご相談ください。

# by shigetatravels | 2014-03-19 15:47 | 航空/空港関連情報 | Trackback | Comments(0)

HAPPY HOLI 上流階級的楽しみ方

みなさんこんにちは。

無事、ホーリー祭が終わりました・・・。

毎年嫌だ嫌だといいつつも、
なんだか参加しないと夏が来ない!
と思ってしまうのがこのホーリー祭。

弊社スタッフも顔色が黄色かったり、
緑だったり、赤かったり。。。
もう、何色だかワカラナイ状態だったり・・・
と、兎に角洗っても色が落ちないので、
カラフルな出勤が暫く続きます(笑

色粉は奇抜な色のほうが
テンションが上がるのですが、
最近は合成着色料が
身体に害をもたらすということで、
上流階級市民には
自然や身体、肌に優しい色粉が人気です。

以下が天然素材利用の色素作成方法です。

赤:赤いざくろの実の皮を剥いて茹でたもの 
 又は 赤いバラの花弁を乾燥させて粉にしたもの

黄:乾燥マリーゴールド(キンセンカ)の花弁や
 ターメリックとベサン粉(チャナ豆(ひよこ豆)の粉)
 を水で混ぜたもの

緑:ミントやほうれん草、その他植物の葉を
 ペーストにしたものや、
 メヘンディ粉を水で混ぜたもの

青:藍の実をすりつぶしたものや、
 ジャカランダの花弁を乾燥させて粉にしたもの

紅紫(マゼンタ):テーブルビート(火焔菜)や
 紫玉葱をすりおろして水で混ぜたもの

ホーリー時期に食べる特別なお菓子もありますし、
各ホテルでは祭に乗じてスペシャルメニューを展開。
http://www.thehindu.com/features/metroplus/Food/tickle-your-palate-on-holi/article5792463.ece

来年のホーリーをインドで迎える予定の方は、
こういった上流階級的な楽しみ方も
検討してみるといいかもしれませんね。

# by shigetatravels | 2014-03-18 15:27 | 祝日・お祭り・イベント情報 | Trackback | Comments(0)

HOLI祭にまつわるその他祭り情報

みなさんこんにちは。

昨日ご案内したHOLI祭ですが、
今日はそれにまつわる祭り情報をご紹介。

1. Barsana: Holi with Sticks

MathuraにあるBarsana村の女性達が、
近隣にあるNandgaon村の男たちを
棒で叩くことでしられるLathmar Holi祭。

HOLI祭の1週間ほど前に行なわれるお祭りで、
今年は3/10に開催されました。

Lathmar Holiが有名ですが、
現地に訪問するのであれば、
是非その数日前から現地入りして、
その少し前にあるLaddoo Holi祭
にも参加するのがお奨めです。

この日は神に捧げる聖歌を歌いながら、
甘いお菓子を投げるという美味しいお祭りです。

2. Mathura and Vrindavan: Traditional Holi

クリシュナ神が誕生したといわれる聖地Mathuraや、
クリシュナ神が子供時代を過ごしたという
Vrindavanにある寺院では、
HOLI祭の準備として多くの伝統行事が行なわれます。

3. Delhi: Modern Holi

弊社ツアーデスクもある通称メインバザール、
ニューデリーのPAHARGANJエリアで
HOLI祭を迎える人も多いのではないでしょうか?

この界隈は周辺店主や子供たちが
ホテルから出てくる観光客を
水鉄砲で狙い撃ちすると思うので、
汚れてもいい服と心の準備が必要です。

4. Anandpur Sahib, Punjab: Warrior Holi

シーク教徒の多いパンジャーブ州
Anandpur Sahibでは、
歴史をたどると1701年から続くといわれる、
HOLA MOHALLAという祭があります。

今年は3/16-18ですが、
毎年HOLI祭の時期に行なわれ、
色水や色粉を投げる代わりに、
ターバン巻き競争、
レスリングをはじめ各種格闘技や、
軍隊のアクロバット演技等を行なう
イベントが行なわれます。

5. Shantiniketan, West Bengal: Cultural Holi

西ベンガル州のSHANTINIKETANにある
VISHVA BHARATI 大学では毎年、
HOLI前日にBasanta Utsav (春祭り) が開催されます。

ベンガル州の著名な作家、
RABINDRANATH TAGORE氏が始めた
ことで知られるこのお祭り。
学生達は春の装いをしてタゴールの詩を歌ったり
踊ったり、文化プログラムを開催して訪問者を楽しませます。

Vasanta Utsavは今や
西ベンガルの文化として定着していて
多くの外国人観光客も訪れています。

6. Purulia, West Bengal: Folk Holi
同じく西ベンガルのPURULIA地区では、
HOLI祭の3日前から
Basanta Utsav folk festivalが開催されます。

地元民とともに歌ったり踊ったり、
訪問者たちも色粉をかけて楽しみます。

ここでは地元独特のChau dance,
Darbari Jhumur, Natua dance等を
Baulミュージシャンの演奏のもとで観られます。

コルカタから列車か車で5-6時間に位置しますが、
宿泊施設が少ないので
この時期に特設テントが設置されます。


7. Jaipur: Elephant Festival

デリーから車で6時間。
ジャイプルではHOLI前夜祭として象祭りが有名です。

この日は象のパレードや美人ならぬ
美象コンテスト、象フォークダンスや
象騎士合戦等、地元民も訪問客も楽しめる
イベントが盛り沢山。
以前は象によるPOLOゲームもあったのですが
数年前に廃止になってしまいました。
*2013年は動物保護団体からの
圧力で急遽取りやめとなりましたので、
今年以降の開催が危ぶまれるところです・・・。

シティパレスとTRIPOLIA GATEの北にある
Chaugan Stadiumで夕方4時頃~開催され、
入場料は無料です。

ジャイプルの街中を闊歩してスタジアムへと
衣装を身に着けた象の行進が見られ、
夜は各地で花火が上がります。

8. HOLI祭のない土地
南インドでのHOLI祭は、その他地方とは異なり、
もっと宗教色の強いもので、寺院での宗教儀式として
粛々と執り行なわれるものなので、
観光客が簡単に参加できるようなイベントはありませんが、
地元民等の招待で何かイベントに参加できるかもしれません。


ということでいよいよ近づくホーリー祭は3月17日。

各種手配会社等はホーリーを挟んで連休を取るところも多く、
手配に非常に時間がかかってしまいます。

この日はツアーデスクも午前中はお休みです。
午後~の営業となりますのでご注意ください。

# by shigetatravels | 2014-03-13 18:12 | 祝日・お祭り・イベント情報 | Trackback | Comments(0)

ホーリー祭とは?

みなさんこんにちは。
今日はホーリー祭についてご紹介。

ホーリー祭はもともと豊作祈願の祭りでしたが、
その後クリシュナ伝説等、
各地の悪魔払いの伝説などが混ざって、
現在みられるカラフルなお祭りになりました。

ホーリー祭の特徴とされる、
色粉や色水を掛け合う由来は、
カシミール地方の伝承で
この日に人家に押し入ってくる
悪鬼を追い払うため泥や汚物を
投げつけたのが始まりとされます。

そのため黄色は尿、赤は血、
緑は田畑を象徴すると言われています。

この祭はインド全土でカーストや人種、
性別や職種の違いに関係なく、
色粉や色水を掛け合って、
神を愛する人たちが分け隔てなく楽しみ、
同時に春の到来&収穫を祝う祭とされています。

インド暦第11月の満月の日
(太陽暦では3月に当たる)の午前中
がクライマックスですが、
前日から色粉の掛け合い等を始める
こともあります。

祭りの前週から商店には色粉や水鉄砲
を販売する露店が多数出るので、
人々は色粉等を購入して準備します。

当日は他のヒンドゥー教の祭りと異なり
特定の神に対する祭礼は無く、
地域の人達が集まって祭りが始まります。

祭りが始まると友人知人はもとより
通りがかった見知らぬ人にまで
顔や身体に色粉を塗りつけたり、
色水を掛け合ったりします。

色粉を塗りあった後は
「ハッピー・ホーリー」と言いながら
抱き合うことも多く、最初は特定の色を
額に塗る程度ですが、次第にエスカレートして
顔全体や体中が色だらけになってしまいます。

ヒンドゥー教徒は比較的飲酒を忌避しますが、
ホーリー当日だけは盛大に飲む人が多く、
昼頃には芝生や木陰で酔いつぶれている人を
よく見かけることになります。

ホーリー祭は多くの企業や商店が休みとなり、
祭りが落ち着く夕方以降は開ける店も多いです。

またバスやトラックの運転手も同様に
ホーリー祭に参加しているので、
当日の道路は閑散としているというのも特徴です。

当日は朝食後あたりから街にはいたるところで
色粉や色水を入れた水風船や水鉄砲、バケツ等
をもった人が出始めます。

昼食頃の午後14時頃までが1番盛り上がります。
人も車も犬も牛もサルも、家の外にいるものは
全て色粉や色水の犠牲になる。。。
といっても過言ではありません。

歩いている人からだけでなく、
走行中の車やバイク、
通りのビル屋上等からも
色水が飛んできます。

この日ばかりは、色をかけられても
お祝いの意味なので怒ることはできません。

色粉や色水は化学薬品を使用しているので、
洗っても簡単には取れないですし、
特に肌の弱い人は注意が必要です。

私の友人は、頭からピンクの色粉をかぶり、
その後1ヶ月近くはシャンプーするたびに
泡がピンクになったと、愚痴っているほどです。

インド人でも汚れたくない人や、
肌の弱い人、濡れたくない人は
この日は一歩も外には出ません。

特に女性や外国人観光客等は、
現地人の格好の的となるので、
この日に外出する場合には、
汚れてもいい格好をして、
女性の場合には酔って勢いのついた
インド人男性陣に囲まれて
セクハラまがいの被害もありえますので、
午前中はホテル内でゆっくり
するほうが賢明かもしれません。

特に、ヴァラナシのホーリーでは
毎年、外国人に対する泥酔インド人男性からの
集団暴行等の被害報告も幾つかありますので、
ヴァラナシでホーリーを迎える人は特にご注意ください。

ということで今年のホーリーは3月17日。
各種手配会社等はホーリーを挟んで連休を取るところも多く、
手配に非常に時間がかかってしまいます。

この日はツアーデスクも午前中はお休みです。
午後~の営業となりますし、弊社以外はどこも休みで
手配等はできませんので、
ホーリー前後のご旅行を予定している方は
今すぐお問い合わせください。


# by shigetatravels | 2014-03-12 15:36 | 祝日・お祭り・イベント情報 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >