Rath Yatra / Car Festival‏ 始まりました

みなさんこんにちは。

昨日6/29からオリッサ州プリ
およびグジャラート州アーメダバードで
ラタヤートラ(RATH YATRA)祭が始まりました。
http://www.firstpost.com/fwire/fwire-india/puri-ratha-yatra-witnesses-massive-turnout-1595083.html?utm_source=FP_HP_LATESTNEWS

「ラタ」は「山車(だし)」、
「ヤートラ」は「旅」という意味。

クリシュナ神が行なった旅を記念して、
普段祀られているシュリーマンディル(Shreemandir)から、
3キロ離れたグディチャ(Gudicha)寺院まで巨大な山車で
町中を練り歩くラタヤートラ(Rath Yatra)祭。
毎年6月-7月に行なわれています。

グジャラート州の400年の歴史を誇り
絶大な信者を集めるアーメダバードの
ジャガンナート寺院でも、
ジャガンナート神が眠りから目覚めました。

熱狂的な信者を毎年100万人単位で集める
プリの寺院周辺には、
厳戒な警備体制が敷かれています。

祭りの初日にあたる29日には、
既に70万人の信者がプリに集結、
普段静かな街はにわかに活気と混乱の中にあります。

巡礼者の中には一生に一度、この祭を一目見たいと、
遠方から馳せ参じている信者も大勢いるといいます。

RATH YATRA祭は9日間続き、最終日には
神像はもといた祠に帰る儀式バフダ・ジャトラ
(Bahuda Jatra)が行われることになっています。

クリシュナ神と同一視される
ジャガンナート神を祝うこの日は、
オリッサ州の聖地プリーにて豪華な山車が
街を練り歩くお祭りとして知られています。

悪行を働いていたカンサを打ち破ったクリシュナ神が、
兄のバララーム神と妹のスバドラー神と共に
山車に乗り帰還したことを祝福するこのお祭りには、
豪華絢爛な山車が欠かせません。

その山車を目にした者には功徳があると、
インドを含め世界中から人々が押し寄せます。

山車のお祭りとしても知られるように、
山車には非常に大切な意味があると考えられ、
カタ・ウパニシャッドにおいても
以下のように(ここでは馬車)述べられています。
「真我(アートマン)は車主であり、
肉体は馬車、理性が御者、
そして意志が手綱である。」
心と体を制御すること、
そしてその「結合」がここで説かれています。

ラタヤートラはその昔、
身分制度がもっと厳しかったころ
貧しい人たちは寺院に入ることが出来ず、
清潔な格好をしている人たちだけが入場できました。

神様を拝みたくても拝めない人たちのために
ラタヤートラは始まったといわれています。

皆に平等な神様が自ら外に出て
敬虔な信者たちに会いに行き
日ごろの行ない(神への奉仕)がいい人には
その分恩恵が返ってくるといわれます。

信者たちは神や先祖の恩恵で生きており、
生きていく為に神は全ての生き物に
平等に恩恵を与えてくれているとされ、
神や先祖に感謝の気持ちをあらわし、
至上主の神、クリシュナに捧げた食べ物の
お下がりをご先祖様に捧げて祈り、
自分達の先祖の霊がこの世に浮遊せず、
天国へ到達し、自分たちの魂も
よい方向へと導いてくれるとされます。


毎年時間をかけて新しい山車を作っては
お祭りの後で取り壊すという大変な作業。
それにしてもこのお祭りの熱狂ぶりは
目を見張るものがあります。

宿はほぼどこも満室ですので
随分と早い時期に手配開始が必要ですが、
来年の訪問先にいかがでしょう?
ちなみに来年は7/18~を予定しているようです。
# by shigetatravels | 2014-06-30 15:59 | 祝日・お祭り・イベント情報 | Trackback | Comments(0)

デリー周辺にも階段井戸があるのです。‏

みなさんこんにちは。

今日は階段井戸特集最終日。
(と勝手に特集と命名・・・)

今日はデリー近郊にある
代表的な階段井戸をご紹介します。

1)チャンド・バオリ"CHAND BAORI"

ラジャスタン州ジャイプル近郊のアブハネリ村 
"Abhaneri"にある巨大な階段井戸です。

この井戸は Harshat Mata寺院の反対側に位置し、
インドで最も深く大きな階段井戸の一つ。

9世紀に建造され、階段の総数は3500、
階数は13階でその深さは約30mに達しています。

映画「ザ・フォール/落下の王国」のロケ地としても有名です。
http://www.youtube.com/watch?v=53IdeMxih9k
アグラ&ジャイプル観光の途中に立ち寄ったり
デリーから日帰り観光も可能です。

2)アグレイセン・キ・バオリ"AGRASEN KI BAORI"(UGRASEN KI BAOLI)

"Agrasen ki Baoli" (または "Ugrasen ki Baoli" )は
1958年にインド考古学調査研究所(ASI)によって
保護遺跡に指定された古代の記念碑であり、
長さ60m、幅15mの歴史的な階段井戸。

場所は、ニューデリー市内中心部。
コンノート・プレイスの近くのヘイリー・ロードにあり、
世界遺産、ジャンタル・マンタル天文台から歩いてすぐ。

"Agrasen ki Baoli"は元々、
マハーバラータ(インド古代の叙事詩)の時代に
伝説の王、アグレイセン "Agrasen"によって
建設されたと信じられています。
現在残っている井戸は14世紀に再建されたものです。

3)リホン・キ・バオリ"RAJON KI BAOLI"

リホン・キ・バオリ"Rajon Ki Baoli"
(またはリホン・キ・ベイン"Rajon ki Bain")は、
ニューデリーのMEHRAULI考古学公園にある
アダム・カーン"Adham Khan"の墓の近くに位置します。

この壮大な3階建ての階段井戸は1516年、
シカンダル・ロディ "Sikandar Lodi"の治世の間に
ダウラット・カーン "Daulat Khan"によって
建築されたと考えられています。

井戸は石工たちによって暫くの間使用され、
石工たち=RAJONの井戸=BAOLIと呼ばれました。

井戸の全構造は地中にあります。
イスラム教のモスク、墓地と一体となった
珍しい階段井戸、リホン・キ・バオリ。
この井戸複合体には、12本の柱を持つ
美しい石膏装飾を備えた墓とモスクが併設しています。

関連サイト:http://pub.ne.jp/sakura2011/?entry_id=4539202

チャンド:バオリはゴールデントライアングル観光時に立ち寄ったり、
デリーからの日帰り観光が可能ですし、
その他2つの階段井戸はデリー市内ですので、
弊社から専用車を終日チャーター手配して
市内観光時に立ち寄りも可能です。


# by shigetatravels | 2014-06-27 14:27 | 観光便利情報 | Trackback | Comments(0)

もうひとつの階段井戸アダラジ・ヴァヴ(ADALAJ VAV)‏

みなさんこんにちは。

今日は昨日に続き
グジャラートにあるもうひとつの
階段井戸についてご紹介。

インドには階段井戸と呼ばれる
数百もの水利施設が存在します。
4000年以上にわたって作り続けられ、
最も美しいと謳われる階段井戸、
アダラジ・ヴァヴ(ADALAJ VAV)は
ラニ・キ・バブから車で2時間。

ここで語り継がれる悲劇の女王の物語は
2012年秋には「古代文明ミステリー
たけしの新・世界七不思議」
でも紹介されました。
http://pub.ne.jp/sakura2011/?entry_id=4691278

アダラジヴァヴは、世界遺産には登録されていませんが
グジャラート州アーメダバード近郊
アダラジ村にある特徴的なヒンズーの「水建築」です。

この階段井戸は1499年に、イスラム教の王、
マホメット・ベグダにより、ヴカラ王朝の族長、
ヴィア・シンの妻ルダバイ王妃のために建設されました。
その階段井戸(グジャラート語ではヴァヴ "Vav")は
複雑な彫刻が施され、5層の深さを持ちます。

このような階段井戸は、
グジャラートのような半乾燥地帯には
雨季の雨水を集めるために不可欠でした。
それらは、飲料水、洗濯、入浴など、
基本的な生活に必要な水を提供していました。

さらに、これらの階段井戸は
多くの祭礼や儀式を行う場にもなっていました。

階段井戸や階段池は5世紀から19世紀にかけて
インド西部において一般的に建設されました。
グジャラート州の半乾燥地帯において、
120以上の階段井戸が単独で存在します。

その中でも、アダラジ・ヴァヴは
最も人気のある階段井戸のひとつ。

多くの階段井戸は実用的に建設されていますが、
一部はアダラジの階段井戸のように
多数の装飾が施されている場合があります。

美しい階段井戸は多くの観光客を魅了しています。
昔は、旅行者やキャラバン(隊商)は
通商路の休憩地点としてこれらの階段井戸に通ったとか。

アダラジバブには興味深い伝説があります。

15世紀にヒンズー教を信仰するヴカラ王朝、
ヴィア・シンが地域を治めていました。
しかし、彼の王国はイスラム教の王、
マホメット・ベグダにより侵略され占領され、
王であるヴィア・シンは殺されました。
未亡人となったルダバイ王妃は、
美しいことで知られ、占領者マホメット・ベグダに
結婚を申し込まれました。

夫の死に深く悲しみながらも、
ルダバイ王妃は結婚の承諾をしました。
ただし、建設中の階段井戸を完成させるという条件で。

王妃の美しさに大変夢中になっていた
イスラム教徒の王はその提案に同意した後、
すぐに井戸の建設を進めました。

大工を周辺のあちこちからかき集めたので、
この階段井戸は途中までヒンズー様式で建築され、
その後イスラム様式の意匠が追加されるという、
他に類を見ない貴重な建築物となりました。

階段井戸が完成すると、
マホメット・ベグダは大きな期待に胸を膨らませて、
再度ルダバイ王妃に結婚を迫ります。

しかし、階段井戸が完成することによって、
目的を達成した彼女は夫への献身の証として、
自身の人生を終わらせることにしました。
ルダバイ王妃は完成したばかりの
階段井戸から身を投げて、自らの命を絶ったのです。


この井戸にはまた、別の伝説があります。
それは地上にある6基の石工の墓についてのものです。

階段井戸が完成した時、
その美しさに深く感心した王
マホメット・ベグダは石工にこう尋ねます。
「お前たちは、これと同じものを
もう一つ作ることができるか。」
それを聞いて石工たちは口々に答えます。
「王様のご命令とあれば、
もっと素晴らしい井戸を作ることができます。」

しかし、その回答は誤りでした。

この階段井戸を唯一無二のものとするために、
王は石工全員を殺害してしまったのです。
石工たちはこの階段井戸のそばに丁重に葬られ、
現在もそこには6つの墓が残っています。

昨日ご案内したラニ・キ・バブとは車で2時間程度。
アーメダバードへの訪問予定があれば、
弊社から専用車をチャーター手配して
一度に2箇所の階段井戸が可能です。

関連サイト:http://pub.ne.jp/sakura2011/?entry_id=4539202
# by shigetatravels | 2014-06-26 13:44 | 観光便利情報 | Trackback | Comments(0)

グラジャート州の「階段井戸」、世界遺産に─インドで31件目‏

みなさんこんにちは。

日本では新たに群馬県の富岡製糸場が
世界遺産に登録されたとのことですが、
インドでもこのほど、インドで31件目
となる世界遺産登録が決まりました。
http://www.indochannel.jp/member-area/news/society/nws0002518.html
http://www.newindianexpress.com/nation/Now-Gujarats-Rani-ki-Vav-Stepwell-a-Unesco-World-Heritage-Site/2014/06/23/article2295004.ece

観光・文化省のプレスリリースによれば、
カタールの首都ドーハで20日から開かれている
ユネスコの世界遺産委員会において、
新規推薦案件の審議が行われ、
11世紀の建造物でグジャラート州PATANにある
ラニ・キ・バブが「世界文化遺産」に認定されました。

「ユネスコは、この歴史的建造物を、
地下水を利用した水管理システムの
画期的な技術開発例として、
また、巨大な岩山を掘り下げながら
理想的な比率で階段を創り出した、
他に類を見ない規模の芸術作品として認定」したとのこと。

ラニ・キ・バブ(RANI KI VAV)は、
インド各地に見られる階段井戸の中でも、
その頂点を極めた作品として知られ、
地下7層にまで掘り下げられた階段の壁面は、
800を超える精密な彫刻とレリーフで埋め尽くされ、
その規模の大きさとともに、
マル・グルジャラ様式という
芸術性の高さを示した建造物です。

王妃、ラニ・ウジャマティ "Rani Udayamati" が、
彼女の夫、ソランキ王朝のビンデヴ四世を
記念するために、1063年に建設しました。
柱に囲まれた回廊は下に行くほど涼しくなり、
7層のギャラリーに800以上の精巧な彫刻があります。
ヒンズー教の神々、仏教を含む神話、
伝説がモチーフになっています。

この階段井戸は、近くを流れる
サラスワティ川の度重なる氾濫によって
14世紀にはすでに土砂に埋もれていた
とされますが、現地調査を行った
インド考古学調査研究所(ASI)によれば、
厚い土砂の層に覆われていたことが功を奏し、
1980年台後半まで約7世紀もの長きにわたり、
奇跡的な保存状態を維持していたと見られています。

その後、2013年2月、ASIがユネスコの
世界遺産リストへの登録を申請していました。

観光・文化省は、「ラニ・キ・バブが
他に比類なき階段井戸として
世界遺産への登録を果たしたことで、
インドの伝統的な水管理システムの
素晴らしさが証明された」と述べています。

地元政府はこれにあわせ、世界中から
観光客が容易にアクセスできるよう
早急に周辺整備を整える予定。

インドはタージマハルをはじめ
すでに30の世界遺産
(文化遺産24/自然遺産6)が登録されており、
今回の階段井戸の登録で、その数は31となりました。




# by shigetatravels | 2014-06-25 15:09 | 観光便利情報 | Trackback | Comments(0)

尻尾があるインド人の話‏

みなさんこんにちは。

今年の雨季は例年よりも4日遅れで、
先週末にやっとインドの南半分が
モンスーンに覆われたとのニュースがありました。

ただ、今年の降雨量はエルニーニョの影響で
少なく、これが秋以降の穀物生産高に大きく
影を落としてくるのではと噂されています。

さて、HPリニューアル後に
暗い、難しい話はしたくないので、
今日は「尻尾があるインド人」についての話題をご紹介。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2756870&media_id=103

胸や背中にたくさんの毛が生えている人や、
長いながいヒゲを自慢にしている人が
世界には大勢いますが、インドのある村には、
腰から尻尾のように、
驚くほど長い毛が密集して生えている男性がいます。

人々は彼のその姿を
「神々しい」と大いに讃えています。
西ベンガル州のアリパーダアーに暮らす
35歳のChandre Oraonさんという男性。

彼の腰のやや高い位置には、
生まれつきだという毛が何十本と生えており、
現在その長さはなんと36.8cm。

巧みに木を登る才能があることから、
人々はOraonさんをヒンドゥー教の
猿の神ハヌマーンの化身だとしてあがめ奉り、
話題はインド全体に広がっています。

本人も「私はハヌマーンの生まれ変わり。
神様が授けて下さったこの“尻尾”に触れれば
ご利益や癒しを得られることでしょう」
と謳っていることから、
何百キロも離れた土地から多くの人々が
彼のもとを訪れているといいます。

しかし医学的見解によると、
稀な遺伝子学上の変異により起きたものだ
として毛根から切除することを勧めているとのこと。

Oraonさんは、「僕がすごく幼い頃、
母が一度これをカットしたことがあるらしい。
でも僕はその直後にひどい高熱を出して
危うく死にかけたそうだよ。
この“尻尾”を切ることは
神の怒りに触れる行為なんだ」と強く抵抗。

少年時代には友人からの
イジメに泣いたこともあったというが、
今ではなくてはならない大切なものとなっているとか。

ただ、何よりも切実な問題は、
恋愛や夫婦関係がうまく行かないということ。

2007年にはマイーノさんという
3歳年上の女性と結婚し、娘も誕生したが
「あなたを好きになれない」という理由で
マイーノさんは出ていってしまった。

彼女の前にも20人の女性から
プロポーズを断られており、
誰もが彼のその毛を見た途端に
イヤだと言って逃げて行ったそう。

Oraonさんの現在の夢は
自分の寺院を建設すること。

スポンサーが現れることに
期待しているとか。

一方、パンジャブ州に暮らしている
アルシド・アリ・カーンさん(13)は
長さ約17.78CMの尻尾を持つ少年。
http://www.xinhuaxia.jp/social/38211

こちらも、インド神話における
猿族の1人「ハヌマーン」の化身だと考えられ、
人々からの信仰を集めており、
その家も寺に建て替えられました。

訪れた信徒らが、彼の尻尾をなでて
神からの祝福を受けるとのこと。

カーンさんのおじいさんによると、
訪れた信徒の多くは願いが叶ったとか。
信徒を接待し、学校に通い、
友達と遊ぶ必要があり、日常生活の
バランスをとる必要があるとのこと。

カーンさんは神として崇められるが、
尻尾があるため下半身が動けず
車椅子生活を続けていて苦しんでいるとか。

正常に歩行するために、
今後尻尾を取り切る可能性があるとのこと。

歩行できない理由について医師は、
骨がもろいため、尻尾がのびていけば、
局部の半身不随になる可能性があるとのこと。

医師はしっぽを切断できるといいますが、
おじいさんは尻尾を今後どうするかについては
カーンさんにゆだねると語っているとのこと。

カーンさんは手術を受けたいが、
引き続き人々に信仰されることを希望しています。

カーンさんが尻尾を切断してしまう前に
パンジャブ州まで出向いて
ご利益を得てこようか悩むところです。



# by shigetatravels | 2014-06-24 14:20 | インドあれこれ | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >