各鉄道駅のご当地おやつ情報

みなさんこんにちは。

今日はインドの鉄道旅行で欠かせない(?)
各鉄道駅のご当地おやつ情報をご案内します。

そのまま書き写してご利用いただけるよう、
すべて英語表記もしくは
商品名の現地語表記にて以下に
リストアップしていますので
旅のお共にご利用ください。
b0239829_16544065.jpg

※ただし衛生情況等は保障できませんので
ご自身の目でよく商品の情況を確かめてから
ご購入くださいませ。。。。

• Pune - Tea, Misal, and Patties in the canteen
• Karjat - Batata vada / vada pav (Potato snack)
• Lonavala - Chocolate Fudge / Cashewnut Chikki (cashewnut brittle candy)
• Neral - Seasonal Jambhool fruit
• Khandala - Seasonal Jamoon fruit (plums)
• Solapur - Kunda (sweet barfi)
• Kolhapur - Sugarcane juice
• Miraj - Saar and Rice
• Hubli - Hubli rice (Curd rice (yogurt rice) with onions, chile peppers, and pickles)
• Mysore - Dosa
• Tiruchirapalli - Bondas in several variations
• Hyderabad - Chicken biryani
• Calicut (Kozhikode) - Dal vada
• Quilon - Rasam
• Mangalore - Egg Biryani
• Ernakulam - Fried yellow bananas
• Nagpur - Bhujia, and oranges
• Guntakal - Mango jelly
• Chennai Central - Samosas, idli, dosa
• Rameshwaram - Idiuppam (Rice Noodles)
• Agra - Petha (candied pumpkin)
• New Delhi - Aloo chat (tangy potato snack)
• Indore - Farsan
• Ahmedabad - Vadilal ice-cream
• Surat - Undhyo (mixed vegetables)
• Ranchi - Puri bhaji
• Howrah - Sandesh
• Amritsar - Lassi, Aloo paratha
• Bangalore - Vada sambar, fresh fruit juices
• Jaipur - Dal bati
• Gandhidham - dabeli
• Varanasi - Seasonal amrud fruit (guava)
• Gorakhpur - Rabdi (a sweet made of milk and sugar)
• Guwahati - Tea (Assam blend)
• Madurai - Uthappam (spicy lentil/rice pancake)
• Ajmer - Mewa (Mix fruit)
• Vasco-da-gama - Fish curry/cutlets
• Ratnagiri - Mangoes, dried jackfruit
• Vijayawada - Fruit juices
• Rajahmundry - Bananas
• Daund - Peanuts
• Tirupati - Ladoos, sevai
• Londa - Jackfruit
• Allahabad - Motichur ladoos
• Ambala - Aloo paratha
• Puri - Halwah
• Bhubaneshwar - Dal and rice
• Coimbatore - Sambar-rice, tamarind-rice, lemon-rice
• Dehradun - Salted cucumber
• Gwalior, Bhopal - Boiled chickpeas with chile peppers
• Surendranagar - Tea with camel's milk
• Anand - Gota (fenugreek fritters), and milk from the dairy farm there
• Khambalia Junction - Potato/onion/chili fritters
• Dwaraka - Milk pedhas
• Viramgam - Fafda (ganthiya), Poori + Alu-bhaji
• Pendra Road - Samosas
• Manikpur - Cream
• Thanjavur - Salted cashewnuts
• Bharuch - Peanuts
• Maddur - Maddur-vade
• Chinna Ganjam - Cashewnuts
• Gudur - Lemons
• Panruti - Jackfruit
• Virudunagar - Boli (a thick sweet flat bread)
• Sankarankoil - Chicken biryani
• Srivilliputtur - Paal kova (a soft milk-based sweet)
• Manapparai - Murukku
• Fatehabad-Chandrawatiganj - Gulab Jamun
• Mehmedabad - Samosa
• Shamli - Aloo tikki
• Gajraula - Tea
• Vadodara - Flavoured milk

インド旅行中に上記各駅をご利用の方は
記念にご当地おやつを味わってみるのも
旅の楽しみのひとつになるかと思います。
b0239829_1655349.jpg

なお、本ブログと弊社日本語メール窓口は
お盆期間中(8/9-8/17)はお休みとなります。
8月末までにインド旅行をご予定の方は、
既に鉄道チケットも埋まってきていますし、
早急に手配を開始する必要がありますのでお早めにご相談ください。

お盆休み中はデリーのツアーデスクのみの営業となります。
この期間中になにかお問い合わせが必要な場合には、
直接ツアーデスクまで、お電話にて
お問い合わせいただく形となりますのでご了承ください。

[PR]
# by shigetatravels | 2014-07-31 16:57 | 鉄道情報

世界一高い鉄道橋が建設中‏

みなさんこんにちは。

今日は現在建設中の鉄道橋についてのお話です。

インド・ヒマラヤ山脈に
世界一高い鉄道橋が建設中なのをご存知ですか?

2016年の完成が見込まれており、
パリのエッフェル塔を35m上回る高さになる予定とか。
b0239829_153892.jpg

鉄骨構造のアーチ型の鉄道橋は、
インド北部ジャム・カシミール州の
壮大な山岳地帯を流れる
チナーブ川の上に架けられ、
橋の高さは359メートルとなる予定で、
現在275メートルで世界一高い
中国・貴州省の北盤江に架かる
鉄道橋を上回ることになる予定です。
b0239829_15372439.jpg

建設工事は2002年に着工したものの、
強風などによる安全面と実現性への懸念から、
2008年に一時中止され、
再開の許可が出されたのは、
それから約2年後の2010年でした。

インド国鉄の子会社、
コンカン鉄道(Konkan Railway)が進める
この橋の建設は、
総工費約93億円とされています。

鉄道橋には、鉄鋼だけで
最大2万5,000トンが使用されるそうです。

この鉄道橋が完成すれば、
ジャム・カシミール州の冬季の
州都ジャムと同州バラムラ間の所要時間は
現在のほぼ半分の約6時間半となるとのこと。

また、この橋の寿命は約120年で、
耐震設備も備えているとか。
b0239829_15384458.jpg

完成は2016年を予定しているので、
今から準備をして2年後の完成にあわせて
ジャム・カシミール方面への旅行を
計画するのもいいですね。
http://www.younews.in/news/indian-engineers-are-building-the-worlds-highest-railway-birdge/

なお、本ブログと弊社日本語メール窓口は
お盆期間中(8/9-8/17)はお休みとなります。
8月末までにインド旅行をご予定の方は、
既に鉄道チケットも埋まってきていますし、
早急に手配を開始する必要がありますのでお早めにご相談ください。

お盆休み中はデリーのツアーデスクのみの営業となります。
この期間中になにかお問い合わせが必要な場合には、
直接ツアーデスクまで、お電話にて
お問い合わせいただく形となりますのでご了承ください。

[PR]
# by shigetatravels | 2014-07-30 15:42 | 鉄道情報

9/1から鉄道時刻改定、他


みなさんこんにちは。

今日も鉄道の話題。

先日、鉄道省よりインド国鉄の時刻表を
9/1から改定すると発表がありました。
http://timesofindia.indiatimes.com/india/temporary-halts-of-shatabdi-other-trains-to-be-scrapped/articleshow/38732127.cms

時刻表の改定と同時に、
シャタブディ急行を含む24の急行列車で
現在一時停車をしている途中駅の
一部の停車を廃止するとのこと。

シャタブディ急行では
ラジャスタン州のDHAULPURや
ウッタルプラデシュ州のLALITPURの停車を廃止。

これはBHOPAL=HABIBGANJ間の別列車が
LALITPURとDHAULPURで停車することになったため。

先週、インド国鉄時刻表再編委員会の会合が行なわれ、
先日より弊社もしくは国鉄サイトやネット予約で
9月以降の鉄道チケットを予約した際に、
「チケットに発着時刻の記載がない」と不安だった方、

既に新しい時刻表および
新しい運賃が国鉄各種サイトにて
確認できるようになっていますので、
心配な方はご確認ください。

また、7/14からは
新しい区間の列車運行が始まっています。
http://www.india.com/loudspeaker/first-train-between-delhi-katra-starts-monday-95846/

列車名は[SHRI SHAKTI EXPRESS]で、
毎週月曜@17:30PMのニューデリー駅発、
翌朝@05:10AMにMATA VAISHNO DEVI (KATRA)駅着。

KATRAは毎年何百万人もの巡礼者たちが、
全国各地からMATA VAISHO DEVI 寺院に
巡礼に訪れるベースキャンプとなる場所。
b0239829_16431478.jpg

このエアコンつき18車両編成の
特急列車運行開始のおかげで、
JAMMU州のKATRAまで、
ニューデリーからおよそ12時間での
移動が可能になりました。

KATRA駅は毎週月曜@22:55PM出発。
翌日火曜日@10:45AMのニューデリー駅着。

座席クラスは
1A=1車両/2A=5車両/3A=9車両での運行で
途中停車駅はAmbala, Ludhiana,
Jalandhar, Pathankot,
Jammu and Udhampurとなります。

この区間の列車は今後も増加する予定で、
[KATRA-KALIKA EXPRESS]や[JAMMU MAIL]、
[UTTAR SAMPARAK TRANTI]等の運行を予定とのこと。

ちなみに、
KATRA=UDHAMPUR区間の列車は、
7/4にナレンドラ・モディ首相の旗振りで
運行を開始したばかり。
b0239829_16424364.jpg

b0239829_16435623.jpg

明日も鉄道関連情報をご案内予定です。
お楽しみに。


なお、本ブログと弊社日本語メール窓口は
お盆期間中(8/9-8/17)はお休みとなります。
8月末までにインド旅行をご予定の方は、
既に鉄道チケットも埋まってきていますし、
早急に手配を開始する必要がありますのでお早めにご相談ください。

お盆休み中はデリーのツアーデスクのみの営業となります。
この期間中になにかお問い合わせが必要な場合には、
直接ツアーデスクまで、お電話にて
お問い合わせいただく形となりますのでご了承ください。

[PR]
# by shigetatravels | 2014-07-29 16:49 | 鉄道情報

デリー空港メトロ値下げ‏他

みなさんこんにちは。

先週後半は鉄道情報満載でしたが、
今週も引き続き先週発表された
鉄道関連ニュース等を中心にご紹介します。

1)空港メトロ運賃値下げ
http://economictimes.indiatimes.com/industry/transportation/railways/airport-metro-fares-slashed-new-delhi-station-to-airport-in-19-minutes/articleshow/38554187.cms

空港メトロはここ1年の経過を算出し、
7/24より運賃を最高で40%まで引き下げると発表。

これにより1番安い運賃は30RS >>20RSへ値下げ、
最高運賃は180RS>>100RSに値下がりしました。

DMRCのエアポートエクスプレスメトロは、
デリー中心部のニューデリー駅から
インディラ・ガンディー国際空港(IGI空港)を経由して
ドワーカ・セクター21駅までを結ぶ、
全長22.7kmの地下鉄路線。

これは都市開発省から運賃の値下げや
増発などの利便性改善を求められたためとのこと。

運転間隔も従来の15分に対し、
今後はピーク時10分半間隔とし、
最高速度は70km/hから80km/hに引き上げられます。

これによりニューデリー~IGI空港間の
所要時間は19分に短縮されるとのことです。
b0239829_1301467.jpg

b0239829_1303477.jpg


2)ニューデリー駅で無料WI-FI接続の動き
http://www.asianage.com/delhi/new-delhi-rail-station-get-free-wi-fi-657

ニューデリー市議会が先日、デリー全域での
無料WI-FI提供を掲げてから暫くたちますが、
なかなか工事が進んでいません。

そんな中、民間企業が
ニューデリー駅のWI-FI化に乗り出したようです。

インドの首都デリーの鉄道利用客すべてが
安価で利用できようなシステムを開発中とのこと。

鉄道駅でのネット利用への期待は、
今や大きなムーブメントとなっており、
プロバイダ各社がどのようなプランを提供できるのか、
という詰めの段階まで進んでいるとのこと。

どちらにしても、
既にデリーのコンノートプレイスや、
カーンマーケットで予定している
無料WI-FIサービスと同様に、
ニューデリー駅のWI-FIも、最初の15分は無料。

その後課金されるシステムになる予定。
15分もあれば、重要なメールを確認したりするには充分?

このプロジェクトについてのプロバイダは
まだ確定していませんが、多くのプロバイダが
さまざまなサービス提供を申し出ているとのこと。

因みに、カーンマーケットとデリー中心部の
WI-FIサービス提供は先週がその開始予定でしたが、
プロバイダの設備工事の遅延により
フルサービスでの提供はまだ開始できずにいます。

カーンマーケットではトライアルでの提供は開始済み、
本格スタートを待つのみとのことですが、
コンノートプレイスでの提供は、
周囲の建物が想定よりも重厚な造りだったことが判明し、
技術的に少し変更をしないといけないとか。

どちらにしても、近日中にデリー市内各地で
WI-FI利用が可能になる日も近いということは確かです。

さて、鉄道情報まだまだ続きます・・・明日もお楽しみに。
[PR]
# by shigetatravels | 2014-07-28 13:02 | 鉄道情報

鉄道駅の設備情報

みなさんこんにちは。

最近は格安航空会社の参入でフライトを駆使して
インド旅行をする人も増えてきましたが、
数年前までは鉄道旅行が中心でした。

インドの鉄道といえば、
大幅な遅延、カオス、蒸し風呂、
といった印象を持つ人も多いようです。

確かに年末年始や雨季で雨量の多い時期には
大幅な遅延が発生したり、お祭りのシーズンには
カオスのような混雑になったりしますが、
今日はインドの鉄道駅の設備についてご紹介します。
http://getnews.jp/archives/617118

インドの中~大規模の駅の多くには、
クローク、仮眠室があります。
なかでも、荷物のサイズや時間を選ばない
24時間営業のクロークはうれしいところです。

列車を降りてプラットフォームを見上げると、
たいていクロークのサインが見つかります。
クロークに入ると管理人がいます。
b0239829_14511778.jpg

何時間くらい預けたいか目安を伝え、チケットを提示。
原則として列車利用者しか使えないためです。

駅によってはパスポートも記入し、管理票に色々記入。

無事、預ける荷物がロックされていることが確認できたら、
管理人が後方の棚に入れてくれます。
(防犯のためにも貴重品は預けないようにしてください)
場所によっては、白いチョークで荷物に番号が書かれます。
b0239829_14504663.jpg

アナログな管理方法ですが、観光客から現地人まで結構な利用率。
そんな大量の荷物をすべて1-3人と紙とペンで管理しています。

大きな駅になるとスイートルームまで含めた宿泊設備もあります。
女性の一人旅等でなく、バックパッカーで安く旅行を予定している人は、
夜中発着の際は、仮眠室(リタイアリングルーム)を使うのも手ではあります。
(ただし満室のことも多いのでご注意を)
b0239829_14512879.jpg
b0239829_14515833.jpg

冬は寒いので、各自が自分の毛布を持ち込みます。
仮眠室はシャワーがついているところもありますが、
水が出なかったり、汚かったりと、あまり整備されておらず、
現地女性も使う人は少ないです。

もしくは、駅周辺にはたいてい安宿街があるので、
格安の宿に一旦チェックイン。
シャワー利用&荷物置き&休憩に利用するのも手です。

ジョードプルなどでは、
プラットフォームに州政府観光局があり、
ツアーの申し込みや、無料地図をもらえたりもします。
地図の少ないインドでは、とても助かります。

インターネットでの予約などはほぼありません。

インドがIT大国のイメージもありますが、
民間と国有企業では事情が随分と違います。

デジタル化を試みても、
なかなか移行がうまくいかないようで、
よくモニターがフリーズしたままで表示されています。

そんなインドの国鉄ですが、
先週大きなニュースが入りました。

2022年までに鉄道の全車両に
バイオトイレを設置するというニュースです。
http://response.jp/article/2014/07/24/228411.html

インド鉄道は現在のトイレを全ての列車から撤去し、
2021年末から2022年にかけてバイオトイレを設置するとのこと。

トイレの汚水管を開放して排泄物を線路上に
自然落下させる開放式は、線路の腐食の原因となるほか、
汚物飛散による沿線環境の悪化を招くなど深刻な問題になっています。
線路の腐食に伴う修繕費用は毎年35億ルピー以上に上るとのこと。

こうしたことから、インド鉄道は2013年12月までに、
優等列車などで使用している2774両に既にバイオトイレを設置しています。

バイオトイレは特殊なバクテリアによって
人間の排泄物を非腐食性の水分に変えることができ、
環境に優しいトイレになっています。

インドは鉄道移動がつらいから・・・
とインド旅行を避けてきたご友人、ご家族をもつ皆さん。
2022年以降の旅行にチャンスがあるかもしれません。(笑


来週も鉄道情報の予定です。
それではよい週末をお過ごしください。

なお、本ブログと弊社日本語メール窓口は
お盆期間中(8/9-8/17)はお休みとなります。
8月末までにインド旅行をご予定の方は、
既に鉄道チケットも埋まってきていますし、
早急に手配を開始する必要がありますのでお早めにご相談ください。

お盆休み中はデリーのツアーデスクのみの営業となります。
この期間中になにかお問い合わせが必要な場合には、
直接ツアーデスクまで、お電話にて
お問い合わせいただく形となりますのでご了承ください。

[PR]
# by shigetatravels | 2014-07-25 15:00 | 鉄道情報