<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

南インドのインフラ整備計画始動

みなさんこんにちは。

先日ご紹介した南インドですが、
空港設備だけでなく、インド南部で
大規模なインフラ開発計画が始動しています。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131127/mcb1311270502009-n1.htm
b0239829_165332.jpg


総投資額は国内総生産(GDP)の約12%にあたり
3兆RS(約4兆9000億円)となる見込みだそうです。

政府は西部マハシュトラ州ムンバイと
IT企業が終結している南部カルナカタ州
バンガロールを結ぶ全長1000KMに及ぶ
産業回廊の建設計画を着手すると発表しました。


既にイギリス政府と共同で
事前調査をすると合意していて、
近く開発業者の入札を始める見込みとのこと。


詳細は明らかになっていませんが、
道路建設等インフラ整備と
産業集積を進め、少なくとも4箇所の
工業地区を設置することで、
特に製造業の飛躍的な拡大を
見込んでいます。

回廊沿いでは250万人の雇用を創出、
100万戸の住宅が新たに建設される見込み。

一方で、北部パンジャブ州
アムリトサルから首都デリーを経由して
東部の西ベンガル州コルカタを結ぶ
東部産業回廊の計画についても
事前調査の実施を承認しています。

この地域にはインド全人口の
4割が集中していて、
開発を促進することで
雇用拡大を目指すとのこと。


インド北西部では、日本と共同の
「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」
も動き始めています。

この構想は政府の承認手続に
時間がかかり、計画通りには
進んでいないという懸念もありますが、

国内主要都市を結ぶ
3本の産業回廊の構築は、
低迷するインド経済を再生する
起爆剤として期待がかかっています。

でもまずは、各家庭、鉄道の各車両に
トイレを設置するほうが、庶民の私としては
興味があるところなのですが・・・。


関連ニュースは以下でも確認できます。

その1:チェンナイに総合工業団地、日揮とみずほ銀行参入
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131118/mcb1311181639017-n1.htm

その2:ビジネスに最適なのはバンガロールという統計結果
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131113/mcb1311130505025-n1.htm

b0239829_1655565.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-28 16:56 | インドニュース関連

デリー周辺航空業界情報‏

みなさんこんにちは。

今日は昨日に続きこの秋に発信された
デリー周辺の航空業界情報をご案内します。

1)エアロシティでホテル第一号JWマリオットホテルがオープン
http://response.jp/article/2013/11/26/211623.html
b0239829_1413406.jpg


デリーの空港周辺に新しく建設されている計画都市、
エアロシティに、ホテル第1号として
JWマリオットがオープンしました。

当初の計画よりオープンが9ヶ月遅れ
20%予算オーバーもしたとの事。

ホテルは空港滑走路から
わずか650mの距離にあり、
523の客室を有しています。

現在も同エリアでは他のホテルも建設中、
今後はさらに施設も増える見込み。

2)AIR INDIA、デリー=コーチン間フライト増便
http://response.jp/article/2013/11/25/211586.html

AIR INDIAはニューデリー、コチ間のフライトを
毎日1便増便した事を発表。

新ルートAI477/AI488は
デリーを13:00に出発し15:55にコチに到着。

コチからのフライトは16:35出発、
19:45にデリーに到着。

これでデリー、コチ間のAIのフライトは毎日3便となりました。

3)エジプトからデリーへの直行便運航開始にむけて準備開始
http://www.zawya.com/story/Egypt_plans_direct_flights_to_New_Delhi_to_boost_tourism-ZAWYA20131113065539/

エジプト観光省はこのほど、2014年より
デリーへの直行便を運航開始予定で準備を始めたと発表。

エジプトへの観光客は
2011年-2012年と比べ、9割近く減少。

90%の観光客は外国諸国外務省が発令している
訪問注意喚起等により、
エジプトへの訪問を躊躇しているとのこと。

セキュリティ強化や政治安定等に
力を入れていくとともに、
周辺諸国からの観光客を呼び込むことで
失なった観光客を呼び戻そうという考え。

また、昨年夏と同様に、エジプトへの航空券を
半額にディスカウントするようなサービスも
考えているとのことです。
[PR]
by shigetatravels | 2013-11-27 14:13 | 航空/空港関連情報

航空業界、空港関連ニュースあれこれ(南インド)

みなさんこんにちは。

週明けからは怒涛の
年末年始の見積り案内に明け暮れております。

既に鉄道チケットはどのクラスも枠も満席、
ホテルも多くが満室ということで、
手配に苦戦しています。
まだ手配をはじめていない方は、
早急に手配開始が必要です。

さて、今日はこの秋に発信されたインドの
航空業界、空港関連ニュースあれこれをご紹介。
南インドが活発化しているのがうかがえます。
b0239829_1745234.jpg


1)SPICE JETがドバイ便を増便
http://response.jp/article/2013/10/31/209761.html
インドの格安航空会社スパイスジェットは、
11月22日より南インドのマドゥライと
アラブ首長国連邦ドバイ間のフライトを
毎日運航すると発表。

同航空会社は既にインドの都市であるデリー、
ムンバイ、コチ、アーメダバードとドバイ間で
毎日フライトを運航をしています。

チケットの価格は現在片道約6,999Rs、
往復13,999Rsほどで販売とのことです。

2)SPICE JETとINDIGO、今冬20%増便
http://response.jp/article/2013/10/20/208943.html
INDIGOは前年度の冬期のフライト数の
週2444便から週2987便に 、
SPICEJETは週2233便から週2718便に増加。
既存ルート内でフライト数は増えたものの、
新しい発着点の追加はされていない模様。

3)ケララ州に4つ目の空港建設認可おりる。
http://response.jp/article/2013/11/26/211653.html
ケララ州KANNURに建設予定でインド初の私設空港、
KGS アランムラ・インターナショナル空港が
環境森林省からの最終認可がおりたため
正式に開港することが決定。

州都トリヴァンドラムから110km離れたこの空港は
まもなく建設工事が開始され
2015 年11月までには運営を開始予定。

調査によると、開港後は年間1,500万人の旅客利用と、
86,000トンのカーゴ利用が期待されているとのこと。
b0239829_177219.jpg


4) BRITISH AIRWAYS、チェンナイ-ロンドン間直行便を増便
http://response.jp/article/2013/11/11/210422.html

BRITISH AIRWAYSはチェンナイ-ロンドン間の
直行便を週6便に増やした事を発表。

機体はB777-200、木曜以外は毎日
チェンナイ-ロンドン間を運航しており、
その他インドの主要都市とも合わせると、
同航空会社は週48便ものフライトを、
ロンドン-インド間で直行便を飛ばしている事になる。

5)インディゴ小型機導入予定と発表
http://www.firstpost.com/business/indigo-plans-to-expand-fleet-with-smaller-aircraft-1245427.html

INDIGO AIRLINEの広報はこのほど、
時期は未定ですが、近いうちに
国内線区間で小型機を導入すると発表。

INDIGO AIRLINEは今年で6年目の
新しい航空会社にもかかわらず、
今や格安航空業界では、
その安さと定刻での運航に、
エアインディアやジェットエアーを凌ぎ、
人気ナンバー1の航空会社となっています。

小型機導入が本格化すれば、
もっと小回りのきく運航が可能となり、
今後の航路拡大にも繋がるので期待がもてますね。
b0239829_1752515.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-26 17:08 | 航空/空港関連情報

女性銀行開設&象と衝突事故再び

みなさんこんにちは。

今日は今週のトイレ特集?
に埋もれていたその他の情報をご紹介。

11/19、預金や低利融資などを通じて
女性の自立を支援する国営の
「インド女性銀行」が営業を開始。
ムンバイやラクノーなど
7つの支店で業務を始めました。
b0239829_12461174.png

http://in.reuters.com/article/2013/11/19/india-women-bank-bmb-idINDEE9AI0C020131119

主に女性を顧客とし、
経営陣はすべて女性で構成されています。

男性も利用できますが、
女性は4万円ほどまでの少額なら
担保なしで融資を受けられるほか、
女性の企業経営者らは
低金利での融資を受けられるなど、
女性への支援に重点を置いています。

西部ムンバイでの式典で、シン首相は
「女性が平等、容易に
金融サービスを利用できるようになり、
社会的地位の低い女性たちに利益をもたらす」
と意義を強調。
b0239829_12471312.jpg


インドでは昨年12月に起きた
集団レイプ殺害事件を機に
女性の地位向上を求める声が強まっており、
政府が設立準備を進めていました。

農村部では女性が銀行で
口座の開設を拒まれるケースもあるなど、
国全体で女性の26%しか
口座を持っていないということで、
「インド女性銀行」は将来的に店舗数を
700以上にまで拡大して
口座を持つ女性を大幅に増やし、
経済的な自立を後押ししたい考えです。
b0239829_12463518.jpg


また、11/14には西ベンガル州、
ジャライグリ市から55kmの地点で、
鉄道を40頭のゾウの群れが横断中、
アッサム州ジブルガルフ行きの列車が
この群れに追突して事故が発生しました。
http://www.xinhuaxia.jp/1131332216
b0239829_12474424.jpg


4頭が死亡。10頭以上負傷の様子。
事故があった際、40頭の象の群れは
レール上を横断しているところで、
列車は時速80キロの速さで突入。

事故後、象の群れは一旦逃げた後、
レールの近くに集まり、
レール中央にしばらくとどまっていたとのこと。

森林保護員と鉄道労働者が現場に駆けつけ、
象の群れを追い散らしたとのことです。

ここ数年で数十頭の象が
列車にはねられて死亡していることを受け、
鉄道当局に「象がよく通る区間で
列車のスピードを落とす」よう
求めていますが、鉄道当局はこれを
無視し続けているといいます。

インドでは濃霧や停電による列車の遅延だけでなく、
このように象等の動物との衝突事故で遅延したり、
運休になったりもしますので、要注意ですね。

先日は事故後に象が村へ逆襲にやってきた
というニュースを紹介しましたが、
今回もそのような事件に発展しないことを
祈るばかりです。
b0239829_12471510.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-22 12:52 | インドニュース関連

トイレなしは選挙権なし?!

みなさんこんにちは。

5月に「結婚するにはトイレが必要」
という法律についてご案内しました。
中部マディヤ・プラデーシュ州の男性たちは、
結婚の許可を得るためにトイレで写真を撮り、
地元当局に送らなければなりません。
写真がない場合は、自治体が主催する
合同結婚式に出席することができないというのですが…
http://japanese.ruvr.ru/2013_05_28/114391970/
b0239829_1412321.jpg


ビハール州のNITISH KUMAR首相は19日、
「トイレが家にない住民は地方選挙に参加できない」
と警告しました。
b0239829_140244.jpg


ビハール州では2000万軒以上の家にトイレがなく、
衛生施設建設に関する国家プログラムは、
1100万世帯分しかカバーすることができないとのこと。
首相はこれを受け、裕福なインド人に対し、
自宅に自費でトイレを設置するよう呼びかけました。
また首相は、ビハール州の住民に、寺院ではなく、
トイレ建設のために寄付をするよう呼びかけました。

なお、インド議会からは、クマール首相が、
寺院ではなくトイレ建設へ寄付すよう訴えたことに、
大きな不満の声が上がった模様。
保守派たちによると、
「このようなアプローチは、
国民の信仰の基盤を崩壊させる」
と不満を露わにしているとのこと。
http://timesofindia.indiatimes.com/india/No-toilet-Cant-contest-Bihar-local-body-polls-Nitish-Kumar-says/articleshow/26058801.cms

ビハール州では今年に入って
トイレキャンペーンを推進しており、
政府関係の建物内には必ず
トイレを設置することを求めています。

ビハール州が基点となり、
インド全土に広めようというようです。

今週はシリーズでお伝えしているとおり、
インドでは未だにトイレや下水設備不足が
深刻な問題となっています。

都市部ではトイレ設備が整っていますが、
都市部への人口流入による急激な人口増加に
水の供給が間に合っていないところも多く、
不衛生な設備や不十分な廃棄物処理システムに
悩まされています。
b0239829_141877.jpg


都市部スラム住民や地方在住者には
衛生的なトイレへのアクセスがないので、
不衛生な水から女性や子どもが
病気に感染する確率が高く、
統計によると、非衛生的な状況も原因となり、
毎年200万人が下痢で死亡とのこと。
b0239829_1415198.png


また、以前は「アンタッチャブル」
と呼ばれていた最下層のカーストである
ダーリットと呼ばれる人々が、
手作業で排泄物の清掃を行うということが、
21世紀の今日になっても続いていて、
社会的差別も根強いものです。

「インドの国父」マハトマ・ガンジーは、
社会の最下層のカーストの人々に、
手作業で人間の排泄物を清掃させる行為を
「社会悪」と呼んでいました。

ガンジーは自分のトイレを自分で掃除し、
多くの人々を驚かせました。

残念ながら、65年前にガンジーが
衛生問題についてインド国民に
注意を喚起した事実は、
今はどこかに消えてしまったようです。

デリーのような大都市では、
女性がショッピングモールで簡単に
トイレを見つけられます。

ですが、貧困層や地方に住む少女や女性は、
野外で用を足さざるを得ません。

大都市でも地方でも、
女性が野外で用を足せば、
男性からの不必要な視線や
セクハラを招きかねないのも事実です。

ビハール州警察は、
「公衆トイレがあれば女性への暴力が減る」
と述べています。

「男性用のトイレが完備されている
場所は多いが、都市部や地方では
女性用のスペースが不十分であることが多い。
トイレにおいても性差別が存在している」
と専門家は語ります。

2011年にインド最高裁判所は、
全ての公立学校は生徒用のトイレ、
特に女子トイレの完全設置を命じました。

生徒用のトイレを提供できない学校は
閉鎖させるという内容です。

「政治的な支援があれば、
トイレ問題も解決へ動き出す。
重要な問題は、少女や若い女性が
毎日危険にさらされているということ。

清潔で機能的なトイレが無いこと、
プライバシーが守られる設備が
無いという事実に女性たちが直面している、
ということがインドでは無視されている」
と専門家は語ります。
b0239829_1413251.jpg


世界銀行の調べでは、
不衛生な環境によってインドは
毎年540億ドルの損失を被っている
とされていて、毎年下痢により
約45万人が亡くなっているとのこと。

たかがトイレ、されどトイレ、
そしてインドの女性や子供には、
命にかかわるトイレ事情について
ご紹介させていただきました。

http://www.aljazeera.com/indepth/features/2013/11/india-faces-stinking-reality-toilet-day-201311189452589714.html
[PR]
by shigetatravels | 2013-11-21 14:07 | インドニュース関連

インドのトイレの使い方

みなさんこんにちは。

「神のお告げ」による財宝発掘作業、
北部ウッタルプラデシュ州の城塞跡で、
財宝が埋まっている可能性があるとして、
政府の考古学調査機関が約1カ月
続けていた発掘作業が中断されました。
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-11-16_56803

発掘はヒンズー教修行者の男性への
「夢のお告げ」で始まったのですが、
発見の見込みは低く、
このまま断念するとのこと。

発掘には160万RS(約250万円)が費やされ、
見つかったのはわずかな骨や、
れんがだったそうです。

修行者の男性の夢の中に現れ、
廃墟となっている城塞の下に埋めた
財宝を掘出すよう告げたと証言。

男性の話にインド政府高官が興味を持ち、
10月に発掘が始まったものです。

事前の地質調査で金属反応があったと
説明していたのですが、
残念な結果となってしまいました。


さて、今週はトイレ特集と化していますが・・・

今日は最近質問の多い、
トイレの使い方等についてのご案内。
*ガイドブックにも記載があるので
必ず旅行前に予習しておきましょう。

b0239829_13255534.jpg


観光中にトイレに行きたくなったら、
ホテルやファストフード等のトイレを使いましょう。
比較的きれいなところが多いです。

観光地であれば、どこもトイレがありますが、
洋式トイレの使い方が悪く、
便器が壊れていることや
穴だけあいているという所もあります。

きれいそうなトイレを見つけたら、
行っておいたほうがいいです。

トイレットペーパーはありません。
便器の脇についている小さなシャワーか、
桶に入った水で洗い流します。

慣れないと、服が濡れてしまったりと、
清潔ではありません。

ですので日本からティッシュや
ウェットティッシュを持参すると便利です。

個人的にお奨めするのは、日本の
「赤ちゃん用お尻拭きウェットティッシュ」
大判で肌に優しく、しかも安いです。

トイレットペーパーは、日本製が1番です。
持参して芯を抜いて持ち歩くと便利です。

紙は流さずに、脇あるゴミ箱に捨てましょう。
流すと中で詰まってしまうこともあります。

入口に係の人がいて、
お金を払ってから入るところもあり、
お金を払うと、空いている個室に案内して、
トイレットペーパーをくれる所もあります。
普段から、小銭を持って歩くようにしましょう。

以下がインド式トイレの利用方法手順です。
b0239829_13282394.jpg


1. 風呂の柄杓のようなマグに水を入れておく。
2. 和式が多いが、洋式の場合は
  初心者は便座をあげて中腰。
  慣れたら便座をあげなくてもできるはず・・・。
3. 右手にマグを持ち左手は前から股の下へ
4. マグから水を細く流し
  左手指先で受けながらお尻を洗う。
5. きれいになったら水滴はパッパと払い、
  びしょ濡れなままにならないように
6. 残った水で左手を洗う。


実際の各種トイレ写真は
以下が参考になるかもしれません。

http://tsukuba.utari.net/03labo/toilet/toilet.cgi?country=IN#dai
http://www.wikihow.com/Use-an-Indian-Bathroom
[PR]
by shigetatravels | 2013-11-20 13:30 | 観光便利情報

デリー面白観光:国際トイレ博物館


みなさんこんにちは。
今日は「世界トイレの日」です。

ということで、お待たせしました。
トイレ博物館についてのご案内です。

デリーで面白い観光箇所をお探しの方。
『国際トイレ博物館:INTERNATIONAL
TOILET MUSEUM』にいってみては?
b0239829_1891326.png


世界中のトイレのコレクションから
1800年代のトイレットペーパーまで展示されています。
http://www.sulabhtoiletmuseum.org/old/

この博物館は昨日ご案内したNGO団体、
SULABH INTERNATIONALが運営。
紀元前2500年の資料まで遡って、
あらゆる便器、便器付椅子、移動式洗面台等が
ところ狭しと展示されています。
b0239829_1892320.jpg


フランスのルイ14世が利用していた『玉座』から、
最新の移動式テント付トイレまで、
毎日多くの人が見学にやってきます。

館長曰く、世界中から風変わりなトイレや
その周辺情報をかき集めるという作業は
本当に困難が大変だったそうです。

この博物館には50カ国以上の
理解ある人々の協力で出来上がっていて、
今現在もそのコレクション数は
日々増加し続けているとのこと。

1700年代にフランス女性が
プライベート用で利用した寝室用便器や
本棚に見せかけたトイレ等、
面白いものが並びます。
b0239829_1894221.jpg


館長がこの博物館を設立した理由は、
インドが衛生環境で世界的にも遅れており、
ここにある展示を通じてトイレの歴史や
発展について学び、自らの環境について
考える機会を得ることです。

1970年に設立したNGO団体
SULABH INTERNATIONALは、
今や5万人をこえるボランティアで成り立っていて、
インド国内に120万の家庭用トイレと
8000の公衆トイレをインド全土に設置しています。

スラブ・トイレは、インド政府により
5000万基が整備されており、
14のアフリカ諸国でも導入されています。

国際トイレ博物館は、
このほど世界の変な博物館リストの、
トップ10入りを果たしました。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2461311/New-Delhi-toilet-museum-boasts-hundreds-ancient-specimens.html
b0239829_1895229.jpg


インド旅行でどこか面白い場所をお探しの方には、
ぴったりの場所だと思います。

是非立ち寄ってみてください。

SULABH INTERNATIONAL
MUSEUM OF TOILETS

開館日:月~日(祝日を除く)
入場時間 : 10:30AM to 17:00PM
(冬季 : 11/1 to 3/30)
入場時間 : 10:00AM to 17:00PM
(夏季: 1/1 to 10/30)

住所:Sulabh Bhawan, Mahavir Enclave,
Palam Dabri Marg,New Delhi,India.
電話:91-11-25031518-19
[PR]
by shigetatravels | 2013-11-19 18:12 | 観光便利情報

11月19日は「世界トイレの日」

みなさんこんにちは。

あす11/19は国連が今年から新たに定めた
「世界トイレの日」です。

世界保健機関(WHO)などが
2012年に公表したリポートによると、
世界では25億人がトイレなどの
基本的な環境衛生が整わない状況で暮らしており、
11億人がところ構わず大小便をしています。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35022226.html

国連は「世界トイレの日」を制定することによって
各国政府や国連の機関、民間団体が
環境衛生に関する教育・宣伝を行うよう促しています。

11月19日は2001年にシンガポールで
「世界トイレ機構(WTO)」が創設され、
「世界トイレサミット」が行われた日なのです。

インドでは人口の67%の家にトイレがありません。
2001年の調査結果では78.1%、
2011年の調査結果で67.3%といういことで、
この10年で10%の増加と、
がんばってはいますが・・・。

世界保健機関(WHO)によると、
推定で6億2500万人のインド人が
屋内トイレを利用できずにいます。

インド政府の国勢調査によると、
全人口のうち53.2%は携帯電話を持っていますが、
トイレ付の家に住むのは46.9%と半分を下回ります。
b0239829_15555093.jpg


農村開発相兼飲料水衛生相は、
インドのライフラインとも呼ばれる
大規模な鉄道網は
「世界最大の屋外トイレ」であり、

屋外で排便する世界の人口の60%近くは
インド人だと嘆いているとのこと。
下水処理施設があるインドの都市はごくわずか。

NGO(非政府組織)は、
低コストで環境にもやさしいトイレを
インドの貧困層に40年以上にわたって提供。

「スラブ・トイレ」と呼ばれる、斬新でシンプルな
簡易水洗トイレによって何百万人もの
インド人の生活を改善してきたといいます。

これは、1つの便器に2つの貯留槽がつながり、
その1つを使用中に、もう1つでは排泄物を
堆肥化する構造となっているとのこと。

建築にコンクリートは不要で、
排泄物は時間の経過と共に肥料へと変化。
15ドル程度で建築可能で、
流すのに必要な水は1リットルに過ぎません。

このNGOは、120万の家庭用トイレと
8000の公衆トイレをインド全土に設置しています。

スラブ・トイレは、インド政府により
5000万基が整備されており、
14のアフリカ諸国でも導入されています。

ニューデリーから約100キロの北部
ハリヤナ州メワット県の村では、
スラブ・インターナショナルが全ての住居に
スラブ・トイレを設置しました。

村の住人たちは、密林に用を足しに行き、
蚊やハエにかまれて病気になることもあった生活は
劇的に改善されたと喜んでいるとのことです。

村人たちには、誇りや進歩したとの
実感ももたらされ、
「携帯電話は非常に便利だが、
トイレのおかげで私たちは、
以前よりも尊厳を持てるようになった。
携帯電話は1台しか持ってないが、
トイレは2基設置してある」
と胸を張っているとのこと。

ということで、明日はデリーにある
「国際トイレ博物館」について
ご紹介したいと思います。
[PR]
by shigetatravels | 2013-11-18 15:56 | インドあれこれ

いつ行くの?・・・今でしょ?!

みなさんこんにちは。
今週は年末年始のご旅行各種手配の
ピークでしたが、ここにきてやっと
各種確認作業も終盤となり、
少し落着きを取り戻しています。
b0239829_16453498.jpg


濃霧で遅延が多いという情報を見て
心配をしている方も多く、
「いっそのこと来年の4-5月に
旅程変更したほうがいいですか?」
という問い合わせもありますが、
3月末頃~気温が上昇し、
4~6月は日本人には
想像を絶する猛暑となります。
毎年5月中旬~6月は
気温が44-5℃まで上昇するので、
この時期の日中はもう、
観光どころではありません。

5月下旬か6月初旬に雨季が始まり、
毎日スコールのような雨が数回降ります。
安宿に宿泊予定の場合には蒸し暑く、
エアコンがないと耐えられません。

市街地は排水処理が不十分なので、
道路等は雨でぬかるみ、
信号機が停電で停止したり、
冠水した道路を迂回する車で
渋滞が激しくなります。

鉄道も停電や線路の土砂崩れ等で
遅延しがちになりますし、
ホテルでクリーニングに出しても
基本天日乾しなので、日本人にとっては
湿気っているように感じたり
することもあるようです。

ですので、1年を通して考えると、
北インドの天候が落ち着いていて、
乾季で雨も少なく、気温も穏やかで
旅行しやすいのも今の時期なのです。
b0239829_1639381.jpg


濃霧が酷いのは例年、
12月中旬以降2月初旬のことですが、
これは朝晩が6-10℃、日中が20-27℃と
気温差が激しい為に起きる現象なので、
通常は太陽が昇り気温の上昇と同時に
霧は明け、さわやかな青空が広がります。
ま、爽やかではなく、スモッグのかかった
茶色い空という事も最近は多いですが・・・。
b0239829_1641798.jpg


では、いつが北インド旅行の
ベストシーズンなのでしょうか?

やはりベストシーズンは今の時期、
乾季で気温の上昇率の少ない
10月~3月中旬がベストなのです・・・。

その期間でも特にベストな時期を、
というのでしたら、
確実に雨季から開放される
10月中旬~霧が濃くなる前の12月初旬、
霧が薄くなる2月中旬~
気温が上昇して暑くなる前の
3月中旬か3月末あたりでしょうか。

とにかく、
インド旅行をご予定でしたら、
「思い立ったが吉日!年末年始で
2泊3日で弾丸旅行しまーす!」

みたいなノリで年末年始に、
中国経由便等で旅行を決行すると、
到着便が濃霧で遅れて1日遅れで到着、
手配済みの鉄道に乗り遅れ、
新たなチケット手配は満席でできず、
「最終的には日本とインドの往復だけで
デリーからどこへも出られずに終わった・・・涙」
という結果になりかねないということです。

ということで、
今日は北インド旅行のベストシーズンについて
考察してみました・・・。

それでは、良い週末をお過ごしください。
b0239829_16402499.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-15 16:47 | 観光便利情報

インドの汚職問題

みなさんこんにちは。
昨日インド国鉄車掌や乗務員が賄賂で
犯罪組織に買収されていた話をした後、
今度はインドの上級検察官がとんでもない
暴言を吐いたことがニュースになりました。

以下のサイトで確認できますが、
スポーツ倫理学のパネルディスカッションの場で、
「暴漢事件を防げないなら、楽しめばいい」
との暴言を吐いたとのことで、
検察官職を辞職させられたという報道です。
http://www.chicagotribune.com/news/sns-rt-us-india-rape-investigator-20131113,0,1014199.story

アメリカでいえばFBIのトップ
に当たる人物の発言とは到底思えません。
恥ずかしい限りです。
b0239829_16574244.jpg


先日は有罪判決を受けた議員を、
直ちに失職させないようにする国民代表者法の
修正法案「議員失職防止法令」が、
世論の反発の高まりで見直となったところですが、
本当にインドの汚職は打つ手がありません。

デリーの新聞でも「インドの議会は
刑務所内で開いたほうが手っ取り早い」
というくらい、インド議会でも
汚職が広がっています。
http://news.livedoor.com/article/detail/8006856/

選挙の監視を行っている市民団体
「民主改革協会(ADR)」によれば、
インド議会(下院)では選挙で選ばれる
543人の議員のうち162人が、
州議会では全国の4032人のうち1258人が
刑事犯罪の疑いを掛けられているとのこと。

統計を見ると、
犯罪歴のある立候補者の当選確率は、
そうでない立候補者の2倍に近いといいます。
b0239829_16565977.jpg


7月、インド最高裁は
服役中と拘束中の人物の被選挙権
を認めないとの判断を示しましたたが、
各政党はこぞって激しく反発。
司法の権限を逸脱した判断だと、
最高裁を非難する始末。

政治家が金銭スキャンダルで
疑いを掛けられるケースは
ほかの国でも決して珍しくないですが、
インドの場合、
政治家たちが問われているのは
経済犯罪だけではありません。

下院議員の10分の1以上が誘拐、レイプ、
殺人など暴力犯罪の容疑をかけられているのです。

04年の総選挙で、
モハメド・シャハブディン議員は、
ライバル政党の運動員を
殺害目的で誘拐(その後行方不明)
した疑いで収監されていたのに
4期連続で当選。選挙の後、
対立候補の運動員9人が殺害されました。

ウッタルプラデシュ州議会議員の
ラグラジ・プラタップ・シンは05年、
「テロ防止法」に基づく誘拐容疑で
拘束中だったにもかかわらず、
州政府の閣僚に就任(彼は今年3月に
地元警察官が殺害された事件でも
捜査対象になっている)。

この状況は簡単には変わらないでしょう。
犯罪容疑のある政治家たちは
莫大な資金力と政治力を持っていて、
有権者(や対立候補)を買収したり、
脅したりでき、しかもインドの政党は、
犯罪歴のある人物でも候補者に指名する。
「政治力と資金力がある上に、
政党がお墨付きを与えている」と、
ADRのアニル・バイルワルのコトバ。

裁判所の力が弱いインドでは
最高裁の判断も効果は怪しいもの。

容疑者の立候補禁止は、
政治家に対してだけ
「無罪の推定」ではなく
「有罪の推定」を課すものだとして
議会に無効とされる可能性もあります。

有罪になった犯罪者の
立候補禁止も、裁判が長いインドでは
大した意味がありません。
判決が下る頃には
政治家を引退していることでしょう。

インド議会の「犯罪汚染」が
解消する日はいつ来るのか。

神のみぞ知るとはこのことでしょうか?

いや、それよりも、
こんな汚職の多い国ですので、
インド旅行中の外国人旅行客は、
警察のお世話にならなくて済むよう、
ご自身の防犯対策は、万全にしておく。
これが1番の対策かと思います。
b0239829_16572316.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-11-14 17:07 | インドニュース関連