<   2013年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

玉ねぎ問題続編?最終章?

みなさんこんにちは。
日本も秋晴れ続きときいていますが、
こちらデリーも毎日最高気温が30度前後と
随分と過ごしやすくなりました。

さて、先日からご案内している玉ねぎ問題、
各国ニュースでも取り上げられたようです。
以下はアメリカの新聞記事を日本のサイトが取り上げたものです。

b0239829_15293579.jpg


http://rocketnews24.com/2013/09/29/372724/

>>インド北部で、最近オムレツが原因のビックリ事件が発生した。
ウッタルプラデシュ州の屋台で、客がオムレツに入っている
玉ねぎが少ないことに腹を立てて、発砲したというのだ。

・玉ねぎが原因で発砲、強盗、政権さえも倒れる

なんだかちょっと笑い話のようだが、インドでは全然笑えない話。
実は近年、食料価格が高騰しておりインフレの影響もあって、
野菜が容易に手に入らなくなっているのだ。
特に玉ねぎ価格の高騰は今に始まったことではなく、
玉ねぎ強盗も珍しくない。
場合によっては玉ねぎが原因で政権が倒れることさえあるというのだ。

【インドで起きた「玉ねぎ」事件あれこれ】
1.玉ねぎグルーポン
「グルーポンインド」は玉ねぎ価格が急騰するなか、
1キロあたり9ルピー(約14円)で玉ねぎを販売を開始した。
この価格は一般的なマーケットの販売価格である
60ルピー(約95円)の85パーセント割引でお買い得だった。
そのためサイトへのアクセスが集中し、
サイトはダウンしたそうだ。

2.玉ねぎの銀行預け入れ
上昇を続ける玉ねぎ価格に憤りを感じた、
インド人民党の州議員は玉ねぎを銀行に預けたそうだ。
「お金の価値にも勝る」という皮肉だろうか。

3.玉ねぎスナイパー
少し古い話になるが1998年。
とある放送作家は10キロの玉ネギを買うために、
ボンベイ警察にスナイパーの出動を要請したそうだ。
しかし暴徒が集結して、政府が輸送する
野菜トラックは略奪されてしまったのだとか。

4.玉ねぎ強盗
野菜価格の値上がりが収まる気配がなく、
強盗は現金輸送車には目もくれず、
玉ねぎを積載したトラックをターゲットにしているという。

5.玉ねぎが原因で政治が動く
玉ねぎの価格は時の政府存亡をも揺るがすようだ。
1980年総選挙のときにジャナタ党は、
玉ねぎ価格の高騰が原因で敗退し、
1998年にはインド人民党がデリーで、
同じように玉ねぎ価格によって大敗したという。

6.玉ねぎで武装化(懸賞金つき)
インド西部の玉ねぎ農家の組合は、
玉ねぎで政府要人を殴り倒すことができたら、
1000ルピー(約1600円)払うと言いだした。

・食品価格が市民生活を圧迫
インドではこの一年で食料価格が18.2パーセント上昇。
玉ねぎは245パーセントも値上がりしているそうだ。
玉ねぎをはじめとする食品価格の適正化が、
政府運営のカギとなっていると言えるだろう。
市民の窮状を想像すると、
玉ねぎが理由で政治が動くのも納得できるのではないだろうか。

>>ということで、
今日は世界が注目するインドの玉ねぎ問題についての
最終章?をご紹介しました。
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-30 15:30 | インドあれこれ

黒魔術は「伝統」か「迷信」か?

みなさんこんにちは。

人口13億を抱えるインドには
沢山の異なる民族が住み、宗教もコトバも異なるのですが、
インド西部、ムンバイのあるマハラシュトラ州政府が、
黒魔術や迷信に基づく儀式を禁じる
「迷信撲滅法」の制定に向けて動きだしたそうです。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013092400162&g=int

祈りやいけにえをささげて
病気治癒などの祈願を成就するとされる黒魔術。

信奉者も多く、18年前の法案はいまだ成立していません。
黒魔術は宗教に根差した「伝統」か、それとも「迷信」か。

再び議論が高まってきています。

b0239829_16483888.jpg


「24時間以内に問題を解決。恋愛成就、悪魔ばらい」
「神の使いが病気・悪運を取り除く」等、
デリーでも新聞やインターネット上には
黒魔術の広告があふれています。

NGO「黒魔術・迷信撲滅委員会」のギルメ事務局長は、
いかなる病気も治癒できると信じた多くの人が病院に行かず、
持病を悪化させて死亡したと指摘。

「迷信は誤った知識を植え付け、
社会に利益をもたらさない」と強調し、
撲滅法制定を訴えています。


同法案は1995年に州議会で作成され、
その後29回もの修正が重ねられました。

採択が検討されるたびに「反ヒンズー的だ」
と主張する宗教団体の反発で撤回されています。

しかし、マハラシュトラ州政府は8月下旬、
黒魔術反対を訴える活動家が射殺された事件を受け、
再審議を決定したとのこと。

成立すればインド初の黒魔術禁止法になります。

黒魔術ははたして『伝統』なのか、それとも『迷信』なのか?
信じる人は救われる?

私はカルマは信じていますが、黒魔術はわかりません・・・。
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-27 16:49 | インドあれこれ

玉ねぎ価格急騰問題


みなさんこんにちは。

先日、この夏の天候不良による不作で
玉ねぎの値段が急騰しているとご案内しましたが、
それで先日とうとう事件が起こってしまいました。


b0239829_1715491.jpg

http://bdnews24.com/world/2013/09/24/no-onions-in-omelette-get-shot

ウッタルプラデシュ州ラクノウの町から265KMほどいった
ETHAHという町で9/24発生したこの事件。

卵料理を販売する売店で友人4人分のオムレツを注文した男が、
提供されたオムレツに玉ねぎが入っていないと逆上。

店主はここ数週間の玉ねぎの値段急騰により、
十分な量の玉ねぎを購入できないので
オムレツに少ししか玉ねぎを入れられなかったと説明したが、
犯人グループは聞き入れず、銃を持ち出して発砲。
店主は物陰に隠れて難を逃れたとのこと。


先日は武装した男たちが
玉ねぎを積んだトラックを盗む事件も発生しています。


玉ねぎの値段高騰については、先日もご紹介しましたが、
昨年の8月と比較すると平均で285%の値上がりとのことで、
地域によってはこの1ヶ月で5倍に膨れ上がったといわれています。

今や1キロあたり平均で80-90RS(130-140円)となっていて、
インドと同様に天候不良に見舞われた隣国バングラデッシュでも
10月中旬にあるEid-ul-Azhaのお祭りにむけて
外国から玉ねぎを輸入しないと暴動に発展する可能性もある
と政府関係者が指摘しているとのことです。


たかが玉ねぎ、されど玉ねぎ・・・。
玉ねぎだけでなく多くの生活必需品の値上がりが懸念されるインドです。


*Eid-ul-Azhaとは:アブラハムが自分の息子イサクを献祭した日で
家畜を献祭する。今年は10月15日。
別名クルバニ(コルバニ)・イード。(クルバニは捧げものという意味)
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-26 17:02 | インドニュース関連

祝!ラピッドメトロ開通

みなさんこんにちは。

9月から鉄道チケット予約開始は出発の60日前~になったのですが、
既にここ最近11月下旬の鉄道チケットが満席で
手配が非常に難しい日々が続いています。

このまま2月ごろまで、予約開始早々に満席という状態が続いていくので、
インド旅行の旅程が決まったらまずは移動手段を確保しましょう。

さて、先日もご案内した6月に発生したウッタルカンド州の洪水被害ですが、
インド財務省はウッタラカンド州の全てのホテルや飲食業への
サービス税の課税を免除する事を決定しました。

ウッタラカンド州はトレッキング等山のレジャーが有名な場所ですが
今年6月には洪水により大きなダメージを受けました。
今後の復興支援対策の一環として今回の決定が下されたようで、
2014年3月まで今回の免税が施行されるとのこと。

ただ、実際のところ現地の道路アクセス等を考慮すると、
西洋人で旅慣れたバックパッカー等は既にこの方面へ向かっているようですが、
トレッキングやバックパッカーに慣れていないお客様は、
まだ当面の間は現地のアクセス状態もよくないですし、
治安面/衛生面を考慮すると、
この方面に向かうことはお奨めはできません・・・。

http://articles.economictimes.indiatimes.com/2013-09-18/news/42183416_1_service-tax-calamity-hit-uttarakhand-finance-ministry

そしてもうひとつ。

こちらはインド駐在員の皆さんや、
ビジネスでデリー滞在予定の方に関連があるニュース。

グルガオンのラピッドメトロが10月2日に開通するとの発表がありました。
今回開通するラピッドメトロ第1工期はおよそ5km、
デリーからグルガオンへつながっている路線で、
イエローラインからの乗り換え駅はシカンダルプル駅となります。

b0239829_20264024.jpg


このラピッドメトロはグルガオンのオフィス街であり
多くの日系企業もオフィスを構えているサイバーシティにつながっているので、
今まで交通渋滞で移動時間が読めなかったグルガオンへのアクセスが、
このメトロの開通によってかなり便利になるのではと思います。

b0239829_20265888.jpg



http://response.jp/article/2013/09/23/206949.html
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-25 20:27 | インドニュース関連

6月に発生した北インドの洪水被害影響等

みなさんこんにちは。
今日9/19がガネーシャ祭りの最終日ですが、
ツアーデスク前の通りも昨日はホーリー祭の時のような
色粉を掛け合って踊っている地元民たちが夕方頃から増えました。

b0239829_1574534.jpg


さて、6月の雨季初旬に発生した北インドの洪水被害結果が
先日とりまとめられて公表されました。

インド北部ウッタラカンド州で起きた洪水、地すべりによる
行方不明者の数は4083人に上ったようです。
このうち1000人以上が女性で児童も数百名に及んたほか、
300人を超える外国人が以前として行方がわからないそうです。

6月中旬、同地方では豪雨が続き、数本の河川が氾濫し、
地すべり、洪水が発生しました。1千人近くが水死体で発見されています。

環境学者らは、森林伐採やダムの無秩序な建設、
地すべりの危険性のある地帯で高層住宅が建設されていたことから、
災害の規模が大きくなったとの見方を示しています。

インド空軍ヘリコプター部隊を中心とする救助活動では
約11万人が避難しました。

http://japanese.ruvr.ru/2013_09_18/indo-kouzui/

世界第二位の人口を抱えるにもかかわらず、灌漑設備が整っておらず、
広大な穀倉地帯のうちの半分以上55%が
雨季の雨水だけを頼りに生活しているインドでは、
雨季の始まりにあたる6月に例年の20年分もの降雨量を記録しました。

その後少しずつ雨量が減り、7月以降9月初旬までの雨量は
結局例年以下にとどまっています。つまり今年の雨季は振り返ってみると
干ばつ被害を残したということです。

パンジャブ州やハリヤナ州の米の生産高は大丈夫だろうといわれていますが、
冬に収穫時期がやってくる麦や菜種油等の出来高が心配されています。

農作物の生産高世界一ともいわれるインドは、その収穫高の殆どをこの、
雨季の雨量や雨の降り方に頼っており、その中でも特に、
米や砂糖、木綿等の外国への輸出による現金収入が国の経済の多くを支えています。

景気減速と通貨ルピー安に見舞われている中、この雨季の影響により
タマネギ価格の急騰が人々の懐を直撃しています。我が家もしかり・・・。

タマネギはインド料理でよく使われる食材で、
年間消費量は1500万トンに達しますが、
価格上昇率はインドのインフレ率(6%)をはるかに上回り、
一部地域では1カ月で5倍上昇したといいます。

干ばつによる供給量減少が価格高騰の原因ですが、
機能不全に陥った政治システムや経済改革の遅れも
状況の悪化に拍車をかけている様子で、
タマネギの流通では多くの中間業者が関わるためコストがかさみ、
小売価格では農家に支払われる金額の2倍に達します。

また道路事情が悪く輸送に時間がかかるために、
収穫量の4割が途中で腐ってしまうといいます。

インドでは以前から経済改革の必要性が叫ばれていますが、
昨年、外国からの直接投資に対する規制が緩和されたものの
大きな成果が出るには至っておらず、外国企業は
政治の風向きが変わることを怖れて及び腰といわれています。
確かに日本人の出張や視察手配等は減っているようです。

http://www.cnn.co.jp/business/35037209-2.html

我が家でも奥さんが嘆いていますが、日用品の物価上昇、ガソリン値上げ、
干ばつの被害に豪雨被害・・・

商売の神様、ガネーシャのお祭りに参加して、
景気がよくなるようお祈りして来ないといけませんね。
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-19 15:08 | インドニュース関連

ヒンドゥー寺院、お布施も巡礼もIT化─ムンバイ

みなさんお久しぶりです。

日本の連休シーズン(シルバーウィーク)ということを
すっかり忘れていて先週末~バタついていたツアーデスクでは
お蔭様で日本人のお客様で今日もにぎわっています。


ヒンドゥー教徒にとって最大の年中行事のひとつで、
先日ご紹介したガネーシャ祭が盛り上がりを見せる中、
ムンバイのシッディビナヤク寺院に、
前代未聞の「キャッシュレス」お布施システムが導入され、
話題を呼んでいます。

b0239829_14445255.jpg


このシステムは、参拝者にチャージが可能なプリペイド式のカードを購入させ、
お供え物やガネーシャ神像の購入、図書館の利用料金、祈祷料金の支払いなど、
同寺院で発生する全ての金銭取引を、電子マネーで決済できるようにしたもの。
現金のお布施の代わりとなるこのプリペイドカードの代金は、51ルピーで、
100-5,000ルピーまでチャージが可能。
これは、インドの寺院で初の試みとなるそうです。
というか、世界でも初なのでは???

同寺院ではさらに、ガネーシャに対する思いを綴った
巡礼者の手記を電子出版したほか、
バーチャル巡礼が可能なスマートフォン用アプリを開発するなど、
寺院内にIT事業部を立ち上げ、
有能なスタッフを雇って積極的なIT化に着手しているそうです。

b0239829_14454792.jpg


日本でも初詣等の賑わいについて聞いたことがありますが、
日本こそ電子マネーのシステムが発達しているので、
このようなシステムを導入したら面白いと思いますが、
どうでしょう?
日本の若者はインド人ほど信心深くないでしょうか???

b0239829_14445387.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2013-09-18 14:51 | 祝日・お祭り・イベント情報

海外でのスマホ利用について

みなさんこんにちは。

最近よくツアーデスク前で日本人のお客様同士で
携帯の設定等に戸惑っている方を見かけます。

b0239829_15152094.jpg


私はアナログ人間ですので、
ツアーデスクで相談いただいても対応が難しいことが多く、
ちょっとこのあたりで海外でのスマホ利用について
まとめているサイトを見つけたのでご紹介します。

http://allabout.co.jp/gm/gc/424121/

海外に到着して、携帯電話の電源を入れた途端に、
携帯会社からメールが届いたりすると、
「アレッ、もしかして、もう課金されちゃった!?」
なんて、ちょっと焦ってしまいますよね。
しかし、当たり前のことですが、設定さえきちんとしておけば、
余計な課金をされる心配はありません。

海外でスマホを使って課金されるのは、なんらかの通信が発生した場合のみ。
時計やカメラなど圏外でも使える機能なら課金されることはありません
(※撮った写真のアップデートなど、通信が発生するものは別です)。

ただ、1点注意したいのが、スマホの場合、
アプリが自動的に最新データを確認するために通信をおこなう場合があること。

自分からウェブサイトを閲覧したり、アプリを使った覚えがなくても、
課金されることがあるので要注意。
そうした事態を防ぐために、データ通信に関する設定だけは
間違えないようにしましょう。詳しくは後述します。


海外でもそのままスマホが使えるのは、
「国際ローミング」と呼ばれるサービスのおかげ。
簡単にいうと、日本の携帯電話会社が現地の事業者と提携していて、
そこの設備を利用させてもらえるようにしているわけです。

いまや各社の国際ローミング提携先は世界的広範囲にわたり、
一般的な旅行先であれば、かなりの場所でつながりますが、
もちろん未対応エリアもあります。

渡航先でスマホが使えるかどうかは、
ご利用の携帯電話会社のサイトなどで確認しておきましょう。


渡航先が国際ローミングの対象エリアだった場合、
海外における通信を伴うスマホの使い方としては、
大きく以下の4つがあります。

■音声通話(電話)
自分からかけた発信時も、かかってきた電話に出た着信時も有料です。
しかも日本で使うよりかなり割高。たとえばソフトバンクの場合、
アメリカ・ハワイから日本へかけると1分あたり140円、
着信時は1分あたり175円。
ただし、着信があっても無視して電話に出なければ
受信側には課金されません
(※発信時には相手につながらなくてもかけただけで課金されることがあります)。

■携帯メール/SMS
海外でも受信は無料です。送信は有料(1通あたり100円)。
電話回線を使っているので、電話が使える状態であれば送受信できます。
ちなみに、海外に到着してすぐ携帯会社から届く、
パケット定額プランに関するお知らせメールはSMSなので受信は無料です。

■携帯メール/MMS
SMSと似ていますが、こちらはデータ通信なので、
使える条件は同一ではありません。
写真なども送付できるため、
サイズに合わせた通信料が発生し、送信・受信ともに有料です。

■インターネット接続
ウェブサイトの閲覧、Eメール、
Twitter・Facebook・LINEといった通信を伴うアプリをが使えます。
携帯電話のパケット通信、またはWi-Fiと呼ばれる無線LANを利用します。

ちなみに「国際ローミング」には、
「音声通話ローミング」と「データローミング」があります。
どちらも利用できるところが多いですが、
一部のエリアでは「音声通話ローミング」にしか対応していません。
「音声通話ローミング」で使えるのは電話(音声通話)とSMSのみ。
「データローミング」にも対応していれば、MMSやインターネット接続もできます。

高額請求を避けるには、渡航前に「データローミング」の項目を
オフにしておくこと(iPhone5の設定画面の例)
音声通話(電話)は、緊急時以外は、“かけない”、“とらない”
を徹底しておけば、とくに課金はされません。
SMSも、受信するだけならタダです。

いわゆる高額請求の原因となるのは、
MMSやインターネット接続を利用するためのデータ通信です。
データ通信には、携帯電話のパケット通信、
またはWi-Fiと呼ばれる無線LANを利用します。

このうちパケット通信は従量制(※定額プランを利用せず、
使った分だけ課金される)で利用すると「パケ死」と呼ばれる
高額請求を招く可能性大!!
海外では、必ず各社の海外パケット定額プランを使いましょう。

高額請求を防ぐためにもっとも大切なことは、
飛行機への搭乗前に必ず「データローミング」の項目をオフにし、
海外到着時に自動的にデータ通信がおこなわれないようにしておくこと! 
設定方法は機種や事業者によってことなるので、
事前に確認しておいてください。

データ通信については、現地に到着後、自分の利用スタイルに合わせて
改めて設定するようにします。ちなみにMMSは一部の対応機種など以外は、
Wi-Fi環境だけでは受信できません。
海外パケット定額プランを使う場合には、
定額対象の事業者に接続されているかのチェックも必須です
(※各社が提供している無料の専用アプリやHPなどで確認できます)。

また、海外パケット定額プランは1日単位の課金ですが、
これは日本時間が基準なので、時差も忘れずに考慮してください。
海外パケット定額プランは当然、日本国内とは料金設定が別です。

参考までに、ソフトバンクの「海外パケットし放題」は、
25メガバイト以上の利用で、1日2980円。
従量制よりかなりお得とはいえ、1週間程度の旅行では2万円近くになります。
海外パケット定額プランは1日単位なので、
「今日はホテルの無料のWi-Fi環境下でだけネットにつなぐ」など
使い方を工夫することで節約も可能。
割安なレンタルのモバイルWi-Fiを利用するのも一案です。


具体的な設定方法については、
iPhoneを海外で使用する時の設定方法」を参考にしてください。
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-12 15:15 | よくある質問。

LINE、インドで無料スタンプダウンロード開始

みなさんこんにちは。

今年の7月にインド市場に参入したLINEですが、
参入から1ヶ月でインド国内ユーザー数が約5万人まで増加。
今後、更なるユーザー拡大が見込まれテレビCMも流れています。

b0239829_17574384.jpg


http://jp.startup-dating.com/2013/07/line-expands-further-in-india-with-new-hindi-website-and-tv-commercial

これはLINEのアジアモバイル市場への進出計画の一環で、
かつて、TVコマーシャや現地語でのウェブサイトはタイ、
台湾、インドネシア、スペインでも同じ手法がとられました。

世界230か国、1億8000万人の登録ユーザを誇るLINEにとって、
インドは大きな可能性を秘めている市場です。
2012年第1四半期から2013年第1四半期にかけて
インドではスマートフォン市場が74%拡大。
インド人の50%以上が「ほぼ何でも」ネット上で
シェアしたいと思っているという文化的な統計結果もあり、
国民のソーシャルメディアへの需要が増しています。

そんなLINEですが、このたび、
インドで無料のオリジナルスタンプのダウンロードを開始したそうです。

b0239829_1758474.jpg


私はアナログ人間なのでこういったツールを使いこなせておりませんが、
面白い世の中になったものですね。

http://response.jp/article/2013/09/04/205619.html
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-11 17:59 | インドニュース関連

IC旅券作成機が設置されなくなる在外公館について

みなさんこんにちは。

今日は外務省から9/3に発出された
「IC旅券作成機が設置されなくなる在外公館」
に関する情報をご案内いたします。
--------------------------------------------------------------------------------

IC旅券作成機が設置されなくなる在外公館について


日頃から旅券行政に関するご理解とご協カをいただきありがとうございます。

外務省ホームページでもお知らせしておりますが、平成26年1月以降、
以下の34在外公館では新たにIC旅券作成機が配備されなくなるため、
外務省で代替作成することになります。

これにより、IC旅券の申請から交付までの所要日数が
従来よりも長い10日から2週間程度必要となります。
今後、以下の在外公館で旅券の切替申請等を予定される場合には、
上記所要日数にご留意いただき早めの申請をお願いいたします。

【 アジア地域 】
 * 在コルカタ日本国総領事官館
 * 在マカッサル出張駐在官事務所
 * 在メダン日本国総領事館
 * 在済州日本国総領事館
 * 在ブルネイ日本国大使館

【 大洋州地域 】
 * 在パプアニューギニア日本国総領事館

【 欧州地域 】
 * 在ウズベキスタン日本国大使館
 * 在カザフスタン日本国大使館
 * 在クロアチア日本国大使館
 * 在ラスパルマス出張駐在官事務所
 * 在スロバキア日本国大使館
 * 在セルビア日本国大使館
 * 在ブルガリア日本国大使館
 * 在リトアニア日本国大使館
 * 在サンクトペテルブルグ日本国総領事館
 * 在ハバロフスク日本国総領事館
 * 在ユジノサハリンスク日本国総領事館

【 中東アフリカ地域 】
 * 在ウガンダ日本国大使館
 * 在エチオピア日本国大使館
 * 在オマーン日本国大使館
 * 在ガーナ日本国大使館
 * 在カメルーン日本国大使館
 * 在クウェート日本国大使館
 * 在ザンビア日本国大使館
 * 在ジッダ日本国総領事館
 * 在シリア日本国大使館
 * 在ジンバブエ日本国大使館
 * 在セネガル日本国大使館
 * 在タンザニア日本国大使館
 * 在チュニジア日本国大使館
 * 在トルコ日本国大使館
 * 在ナイジェリア日本国大使館
 * 在バーレーン日本国大使館
 * 在レバノン日本国大使館

★平成25年7月01日現在、IC旅券作成機が設置されていない在外公館については、
下記サイトにてご確認ください。
 URL http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_7.html
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-10 15:07 | ビザ情報

ガネーシャのお祭り(Ganesh Chaturthi)

みなさんこんにちは。
週末の間に年末~来年の春の旅行についての
インド旅行お問い合わせが多くありました。
うれしい悲鳴ですが、本日9/9~9/19は象の神様、
ガネーシャのお祭り(Ganesh Chaturthi)ということで、
弊社以外は敬虔なヒンズー教徒たちは、お祭り騒ぎで
各所から問い合わせ等への回答がオンタイムで来ませんので
今週はドタバタしそうな週明けです。

ガネーシャとは、皆さんも目にしたことのある象の神様です。
シヴァ神とパラヴァティ神との間にできた子供で、
頭が象になっているものです。商売の神様としても知られています。

b0239829_16292563.jpg


祭りの期間中は、イルミネーションや色とりどりの飾りで
派手に飾り付けられたガネーシャ像を飾り、
派手な太鼓の音とともに人々が神像の周りで踊り明かす、
光の祭りとも言われています。
祭りの最終日には神像を川や湖に流すことで厄除けを祈願します。
デリーではさほど大きなお祭りではないのですが、
特にマハシュトラ州のプネーやムンバイなどで盛大に行われ、
インドのほか、ネパールやスリランカ、タイやマレーシア等の
タミール人のコミュニティなどでも行われます。

b0239829_16312644.jpg


ということで、弊社自体は営業していても、
提携他社がお祭りモードのこの時期は、
手配やお問い合わせへの回答に時間がかかりますので、
お問い合わせいただいているお客様にご理解いただくのも、
これまたインド的で難しいことなのです☆

特に今後、10月以降の祭りシーズンに向けて、
同様の事態がよく発生しますので、インド旅行をご予定の方は、
早めはやめのお問い合わせをお願いします・・・・。
[PR]
by shigetatravels | 2013-09-09 16:31 | 祝日・お祭り・イベント情報