カテゴリ:アグラ観光( 4 )

レポート:アグラ日帰りツアーに参加してみた。(後編)

シゲタトラベルレポーターです。

アグラ日帰りツアー後編をレポートいたします。

@9:00AM.

タージマハル到着。
西口ゲートから。
b0239829_21273448.jpg

これはまだ、タージマハルじゃないよ。
いや、充分立派な建物だけど。

タージマハルは構内も広い。
迷子になりそうだ。

そしてそして。

ついに見つけた!!

タージマハル!!
b0239829_21323758.jpg


さすが世界遺産。
そしてこれ、お墓だという事、ご存知?
お城だよね、どう見ても。
b0239829_21351048.jpg

近くで見ると、さらにすごい迫力。

全て大理石で出来てるため、足下暑かった。

足下と言えば、ガイドさんがこんな便利な足袋をくれた。!
b0239829_21383790.jpg

見た目は悪いが、靴の上からかぶせてそのまま土足厳禁のタージマハル構内にも入れるので、靴の紛失、足の裏が汚れる心配なし!

優れものや〜。

(ま、最後は捨てたけどね。)

@10:30AM
タージマハル鑑賞はこれで良しとして、ここからは車で10分のアグラ城にガイドさんたちと共に移動。

すぐついた。

b0239829_21433372.jpg

アグラ城は、正直、外から見た感じだと、気が遠くなりそうなくらい広かった。

さすが、日本の10倍の国土を持つ国、インド。
土地持ってるなあ〜。

さあさ、ここでもオーディオガイド発見。
b0239829_21475446.jpg


そしてアグラ城も世界遺産です。
b0239829_2149878.jpg


構内は外の喧噪を忘れさせてくれる程の別世界。

対岸にタージマハルが見えるポイントがあるのでそこは必見。

@12:00
ランチタイム。
これを待ってました。

専用車にてインディアンレストランへガイドさんが案内してくれる。

車を走らせる事およそ10分。

到着。
「ハーベリーレストラン」
b0239829_2155186.jpg


ちなみにこのランチ代はツアー代金に含まれる。

店内はなかなかシャレてる。

インド人のランチタイムは大体14時から始まるので、私たち以外にはまだお客さんは入ってなかった。

ちなみに、レストランの提携はここ以外にもあるらしく、空いてるところに案内されるらしい。

ま、美味しければどこでも良いのだけど♪

メニューはなかった。

どうやらランチはビュッフェらしい。

ドリンクが欲しいと、伝えると、口頭でメニューを説明される。
b0239829_2253864.jpg


覚えきれず、何度も聞き返す。

。。。

メニュー作れば良いのに。

チャイを注文。(RS、50)

ちなみにドリンクはツアー料金に含まれない。

そして、まずスープが運ばれてきた。
b0239829_2235373.jpg


そしてメイン。
b0239829_2262593.jpg

豆のカレー。
チキンのカレー。
野菜のカレー。

(カレーばっかりだなあ)

ビリヤーニと、それから焼きたてのナーン。

これで充分お腹いっぱい。

@1:00
再び出発。

レストランの外で蛇使いのおじさん発見。
b0239829_2295217.jpg

そう!私が思う「インド」ってまさにこんな感じだったわけ。

ターバン巻いたおじさんがね、ピロリロ〜♪って笛吹くと,かごの中から蛇が出てくるのね。

でも、ここの蛇はおじさんが指示する前からもう既に蛇で出たし、笛やんでも引っ込まなかったけどね。

こんな感じでツアーは続くのでした。
[PR]
by shigetatravels | 2011-12-02 22:19 | アグラ観光

レポート:アグラ日帰りツアーに参加してみた。(前編)

シゲタトラベルレポーターです。

今回は、前回(「シャタブディーEXPに乗ってみた」)に引き続き、「専用車と列車を使ったアグラ日帰りプライベートツアー」(お1人様での参加=12500円/2名様以上の場合は1名様あたり8500円:http://yokosoindia.com/tajmahal-tour.htm)
をレポート。

こちらは、早朝、専用車にて駅へ移動し、朝食つき特急列車でアグラへ向かい、
(6:15AM/08:15AM)アグラ到着後、英語ガイド+運転手と合流し、
エアコンつき専用車で終日アグラ市内観光(ホテルレストランでのランチつき)後、
夕食つき特急列車にてデリーへ。(20:45PM/23:00PM)ってもの。

@6:15
ニューデリー駅出発。ここまでは専用車にてドライバーさんが送迎してくれる。
(詳しくは「レポート:シャタブディーEXPに乗ってみた」参照)

@8:15
アグラ駅到着。
b0239829_20383111.jpg


ガイドさん&新たなドライバーさんとも無事合流。
b0239829_20403571.jpg

ガイドさんは到着車両前でプラカードを持って出迎えてくれたので、迷う事なくあえた。

車はこんな感じ。
b0239829_2041095.jpg

インド産、TATA INDIGO車。
エアコン付き、5人乗り。ドライバー+ガイドなので、ゲストは3名まで乗れる。
それ以上の団体様はもっとおっきい車を手配してくれるんだとか。

まずはタージマハルへ!
その前に「トイレに行きたい!」って言ったら、途中でとっても綺麗なホテル(5つ星レベル)のトイレによってくれた。

トイレも済ませたところでいざ出発。
およそ車を走らせる事15分弱。。。

タージマハル付近に到着したようだ。
車を降りる。
「RAY OF MAYA HOTEL」
b0239829_20453745.jpg

私は日帰りツアーだったけど、アグラで一泊以上希望者はここのホテルがパッケージプランでは使われるのだとか。

こんな感じ。
b0239829_20472965.jpg

レストランも併設してるらしい。

さて、ここから歩く事5分。
タージマハル西口ゲート到着。
b0239829_20493894.jpg

さすが世界遺産。禁止事項も多いようだ。


チケット売り場へ。
大人一人、750RS。
他の観光地のチケットの相場がだいたい100〜300RS。
と、考えるとやっぱり、タージマハル入場料は高い。
まあ、それだけ見る価値もあるってことで。

水もらった^^
b0239829_20524554.jpg

後になって思ったが、この水はかなり重宝した。
タージマハルって全て大理石。
私が行ったのは11月初頭だったがそれでもかなり暑い。
必ずもらいましょう。

セキュリティーチェック。
う〜、タージマハルまでの道のりは長い。
b0239829_20561852.jpg
b0239829_20554111.jpg


英語が駄目な方必見。
日本語のオーディオガイドサービス(150RS)を発見。
b0239829_20584236.jpg

日本語以外にも、中国語、フランス語など、様々な言語に対応。
幸い、私の担当だったガイドさんは日本語が少しだけ喋れたのでオーディオは不要でした。
(ラッキーv^^)


さて、後半ではいよいよタージマハル構内のレポートします。
[PR]
by shigetatravels | 2011-11-28 21:01 | アグラ観光

レポート:アグラ行き特急列車「シャタブディーEXP」に乗ってみた。

シゲタトラベルレポーターです。

今回、「専用車と列車を使ったアグラ日帰りプライベートツアー」に挑戦してみた。
(お1人様での参加=12500円/2名様以上の場合は1名様あたり8500円:http://yokosoindia.com/tajmahal-tour.htm)

こちらは、早朝、専用車にて駅へ移動し、朝食つき特急列車でアグラへ向かい、
(6:15AM/08:15AM)アグラ到着後、英語ガイド+運転手と合流し、
エアコンつき専用車で終日アグラ市内観光(ホテルレストランでのランチつき)後、
夕食つき特急列車にてデリーへ。(20:45PM/23:00PM)ってもの。

そのツアーの中の「朝食つき特急列車:シャタブディーエクスプレス」についてレポートします。
(アグラツアー詳細のレポートは次回へ続く。)

まず。@5:30AM。
ホテルロビーに運転手さんがお出迎え。
手際よく荷物を車に詰め込み、ニューデリー駅まで送迎。
ニューデリー近郊のホテルであれば、このくらいの時間に出発すればOKらしい。

カロルバーグエリアやその他の方面のホテルやゲストハウスならもう少し早めに出発時間を指定した方が安心だろう。

ニューデリー駅着後、運転手さんが駅構内の車両前まで案内してくれた。(※インドは日本みたいに改札がないからチケット持ってない人でも自由に駅構内まで入れる。)

b0239829_23433786.jpg


これには助かった。
なんせニューデリー駅って、とてつもなく大きい。。。

この6時15分発のシャタブディーはだいたい1番線始発らしいのだが、やっぱりインド初挑戦の人は絶対迷うだろうなあ。
b0239829_23442240.jpg

(あ、コレもインドの洗礼なのか、運転手には当然のごとく、チップせがまれました。笑)

b0239829_23445590.jpg

そして余談だが、何故かインドの駅構内にはよく体重計らしきものがある。こんな時に体重はかる人っているんだろうか?


@6:00AM。
そんなわけで、無事、乗車。
列車内は以外と清潔★
日本の新幹線みたいな車内は、インド人やら外国人でほぼ満席。
人気のある列車なのね〜。
b0239829_23463947.jpg

まずは網棚確保!!(写真ぶれた!)
荷物はここの網棚へ。
早めにスペース確保しないとすぐに埋まる。

@6:15AM。
列車出発。
子供が朝刊よんでた。かわいい。
b0239829_032117.jpg


そして発車5分後。
車掌さんがまわってくる。
ここでチケットチェック。
おっきい鞄とかにチケット入れて網棚においちゃったりしたら面倒なので、手元においておこうね。


その後すぐに、軽食が運ばれてきた。
b0239829_055174.jpg


ビスケットと、キャンディー2個、それから紅茶のティーBAGセット。

いいぞいいぞインド人!ジャパンライクな手際の良さだ。

b0239829_074693.jpg

水ももらった。(1リットル)
これ、パッケージがレールウェイオリジナルのようだ。

朝食ってこの事?ちょっとそれにしては物足りないな。。。

と、思っていたら。。。。

来た!!!
b0239829_094555.jpg

マンゴージュース・食パン2枚・ジャム・ケチャップ・それからコロッケのようなもの。

ベジタリアンが人口の半分を占めるインドだからこれもお肉は一切なし。
それでありながらもなかなかのお味でした。

@8:10
朝食をおえ、そろそろ到着??
車内がざわざわしてきた。

@8:15
アグラチャント駅到着のよう。
みんなザワザワとおり始める。
私は最後におりれば良いや〜なんて余裕をかましていたら。。。

「ポッポー!!!」

!?

汽笛?

え?ここ、終点じゃないの???
慌てて荷物をまとめて飛び降りる。

間一髪。。。セーフ。汗

皆様もお気をつけくださいまし。

ここでガイドとドライバーとミーティング予定。
そしたら、ちゃんと列車をおりてすぐのところに、私の名前をかいたプラカード持ったガイドさんがいた!!よかった〜。

b0239829_0182894.jpg

男性ガイドかとばかり、勝手に想像してたもんだから、女性ガイドさんだったのでちょっと驚き。

インドってあんまり女性が働いてるイメージなかったので。なんか貴重な体験が出来た感じ!
ラッキー。

ちなみにこれがアグラ駅。
b0239829_020178.jpg



まとめ:
シャタブディーEXP列車に乗ってみて、2時間弱であっというまにアグラに到着。
その上、なかなか快適。チャイとお菓子と朝食と、水までもらって、何だか子供の頃の遠足気分。

朝は早くてとっても眠かったけど、車内から日の出が見えた。早起きは三文の徳ってわけだ★

車窓からみる、リアルなインド事情もなかなか観光地じゃ見る事のできない景色だったため興味深かった。


この列車,一度乗ってみる価値ありだと思う。

(アグラツアーのレポートは次回に続く。)
[PR]
by shigetatravels | 2011-11-27 23:48 | アグラ観光

アグラー日帰りツアーについて。

Q:アグラー日帰りツアーですが、専用車と往復列車にした場合タージ・マハルの他にどこを巡りますか?
1人参加なのですが、当日他の参加者と一緒になった場合料金は2人以上の参加代金になるのでしょうか?

A:アグラ観光時は通常はタージマハル/シカンドラ(アクバル帝の墓)/アグラ城/そして郊外の世界遺産ファテープルシークリです。
追加でどこか希望があれば訪問可能です。基本的に個人手配なので、当日同行者が現れることは、その旨ご希望がない限りありませんが、もし、同行者を募っておいて、当日誰か同行者が出来た場合には、2名様以上の参加の場合と同料金となり、その差額は返金させていただきます。
[PR]
by shigetatravels | 2011-11-16 15:35 | アグラ観光