この夏の海外旅行お役立ち情報

みなさんこんにちは。

明日より海外旅行へお出かけ予定の方も
多くいらっしゃると思いますが、
弊社日本語口お盆休み前の
最後のブログとしてネタになる情報を
今日は幾つかまとめてご紹介。

1)ジェイアイ、ネット海外旅行保険利用者向けのスマホアプリ提供
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=62813
b0239829_1985399.jpg
b0239829_1983648.png

ジェイアイ傷害火災保険はこのほど、
ネット専用海外旅行保険
「t@biho たびほ」の契約者を対象に、
スマートフォンアプリ「t@biho『スマートガイド』」
Android版の提供を開始。

同アプリでは、
これまで紙冊子で提供していた
「サポートガイド」のコンテンツを
電子ブック化したもの。

スマートフォンを活用した
実用的なサポート機能も追加。
 
アプリでは、専用ページから
ボタンにタップするだけで、
24時間365日の日本語対応
「t@biho サポートライン」へ
電話がかけられる機能を搭載。

また、保険契約者が現地で
治療費を払うことなく受診できる

「t@biho キャッシュレス提携病院」
の所在地をGoogleマップと連動して
表示する機能を提供する。

このほか、医療機関を受診する際に
自身の症状を7ヶ国語に翻訳して表示する
「Dr.Passport(ドクターパスポート)」や、
携行品損害などの保険請求時に
必要な写真を撮影できるカメラ機能を用意。

さらに、
「t@bihoたびほ」のウェブサイトと連携し、
保険請求時に必要な
写真やメッセージの送信も可能とした。

なお、iPhone版アプリについては
現在Apple社へ申請中とのこと。

2)夏の思い出おすそ分け!「外貨でできる国際協力キャンペーン」
http://www.shaplaneer.org/news/2014/07/81930.html

海外旅行や出張で
少しだけ余った外貨紙幣。
「お金だから捨てるのはちょっと...」
と思い、引き出しの中に
何年も眠っている方は多いのではないでしょうか。

米ドルやユーロなどの外貨紙幣が、
国際協力活動への寄付になります。

お送りいただいた外貨(紙幣)は、
NPO法人シャプラニールが
2012年から取り組んでいる
バングラデシュのサンタルと呼ばれる
先住民族の子どもたちの
文化教育支援として役立てます。
b0239829_1994039.jpg

~サンタルと呼ばれる
バングラデシュの先住民族~

独自の言葉を持つ
サンタルの子どもたちは
「ベンガル語を母語としない」

それだけで学校になじめなかったり、
授業についていけなくなってしまう状況にあります。

サンタルの子どもたちが、
ほかの子どもたちと変わらず、
教育が受けられるように。

シャプラニールでは小学校に入る前に
ベンガル語や文字に慣れておけるよう、
就学支援教室を開催しています。

また、ベンガル語の勉強だけでなく、
サンタルの言葉や歌、
踊りについても教わり、
自分たちの文化に誇りを持てるような
取り組みも行なっています。

たとえば
あなたの30ドル(約3,000円)で...
サンタルの子どもたちが通う

就学前教室で使うチョークやノート、
鉛筆などの文房具を
1年分購入することができます。

海外旅行や出張で残った外貨紙幣で、
サンタルの子どもたちを応援してください。

【キャンペーン期間】
9月30日(火)まで

【集めている紙幣】
米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、
オーストラリアドル、香港ドル、カナダドル、
シンガポールドル、ニュージーランドドル、
スウェーデンクローナ、ノルウェークローネ、
韓国ウォン、ニュー台湾ドル、中国元、
インドネシアルピア、パシフィックフラン、
タイバーツ、バングラデシュ・タカ、ネパール・ルピー、
UAEディルハム、ブラジルレアル、チェココルナ、
エジプトポンド、フィジードル、ハンガリーフォソント、
メキシコペソ、マレーシアリンギット、ロシアルーブル、
サウジアラビアリアル、ベトナムドン、南アフリカランド
*硬貨(コイン)は対象となりませんのでご注意ください

【寄付方法】
シャプラニールの事務所までお送りください。
〒169-8611東京都新宿区西早稲田2-3-1
シャプラニール 外貨募金キャンペーン係

※ 送料はご負担ください。
※ コインは集めていません。
※ 上記以外の紙幣は対象外となります。
※ 領収書は換金日のレートにて発行します

【お問い合わせ】
NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会
Tel: 03-3202-7863


上記の寄付については残念ながら
インドルピーは対象ではありませんが、

この夏インド以外で海外への
ご旅行をご予定の皆さんが
インドの隣国バングラデシュの
文化教育支援ができるいい機会
かと思いご紹介させていただきました。

なお、このNPO法人は
弊社とは何のかかわりもありません。

単純にニュースの一部として
ご紹介しているのみですのでご了承ください。

なお、明日8/9よりこのブログとともに
弊社の日本語窓口(YOKOSOINDIA@HOTMAIL.COM)は
お盆休みをいただきます。
お盆休み中のお問い合わせについては、
直接デリーのツアーデスクへ
お電話にてお問い合わせいただくか、
お盆明けに順次回答するのでお待ちください、
自動応答メッセージにて対応させていただきます。

デリーのツアーデスクは8/15の独立記念日(インドの祝日)
の午前中以外は、通常通りの営業をしていますし、
ツアーデスクでも日本語が通じますのでご安心ください。


それでは、よい夏休みをお過ごしください。
[PR]
by shigetatravels | 2014-08-08 19:13 | 観光便利情報
<< シゲタトラベルが19歳を迎えま... インド下院が日本原爆被害者に黙... >>