インド下院が日本原爆被害者に黙祷&航空業界情報(その2)

みなさんこんばんは。

まずは日本関連ニュース。

インド下院は昨日6日、
広島と長崎に落とされた日本の
原爆の犠牲者を追悼するため、
恒例の犠牲者への黙祷を行いました。

インドは英国から独立した1947年以降、
原爆が投下された8月6日か9日に、
世界からの核兵器根絶の思いを込め
黙祷を続けています。

モディ首相にとっては初めての機会で、
「人類が二度とこのような日を
見ることがないことを望む」
との声明を発表しました。

野党、国民会議派のガンジー総裁も
この黙祷に参加したとのことです。

インドは日本のおかげで
独立機運が高まったのも事実。

昭和天皇崩御の際には
3日間喪に服したこともありました。

インドと日本は戦時中に協力関係
(チャンドラ・ボース)にあったことから、
戦後の極東軍事裁判(東京裁判)で、
インド代表のハル(ラダ・ビノード・パール)判事が、
反対意見として日本無罪論を展開したことは有名です。

さて、今日もこの夏の航空業界ニュース。
昨日に引き続いて「その2」としてお届けします。

1)エジプト航空デリー路線参入
http://www.dailynewsegypt.com/2014/07/15/egyptair-launch-flights-indian-capital-new-delhi-tourism-minister/

エジプト航空は現在、週4便で
カイロとムンバイ間を往復していますが
今年の10月~は更にデリーへの直行便を
3便追加し、インド=エジプロ間で毎日
エジプト航空が就航することになります。

エジプトはここ数年の政情不安により
観光産業に大きなダメージを受け、
エジプトへの海外旅行客数は以前と比べ
30%にしか満たない状態に激減。

経済発展が著しいインド人観光客を
直行便で呼び込もうという意気込みが見えます。

2)Go airが10月よりビジネスクラス導入

http://response.jp/article/2014/07/24/228453.html

格安航空会社インディゴの成功や、
エアアジアの積極的な参入が話題となる中、
国内最小の格安航空会社である
GoAirが市場でのシェア率を伸ばしている。

GoAirは、6月の市場シェア率が10.1%と、
2005年の操業開始以来初めて2ケタ台に到達。

ジョルジオ・デ・ロニ代表取締役は、
「この結果は都市と地方を結ぶ路線での
搭乗者が増加したことを反映している」として、
10月から新たに
「ビジネスクラスシート」を設定すると述べた。

2014年会計年度には500万人だった乗客を、
2015年会計年度中には650万人に増やしたいとし、
コルカタ、ナグプール、プネー、パトナーでの新路線と

スリナガル、グワハティ、バグドグラ、レー、
コチ、ジャイプール、ラクナウ路線での
許容乗客数の増加を見込んでいるとのこと。

3)ジェットエア、11月からコロンボ便を増便
http://response.jp/article/2014/07/22/228184.html

ジェットエアウェイズは、
ムンバイ発コロンボ行のフライトを
11月5日より従来の一日一便から
二便に増便すると発表。

これは需要の高まりに合わせたもので、
8月31日までに対象のフライトを
予約した場合には
往復17000RS(諸税込)で購入可能。

新たな運行便は
往路がムンバイ18時05分発
コロンボ20時35分着(現地時間)、

復路がコロンボ21時35分発
ムンバイ0時15分着(インド時間)となる。

また機内サービスとして
食事などのプレミアムサービスも開始する予定。

4)フライドバイ、10月より新規路線就航
http://flyteam.jp/news/article/38364

中東の格安航空会社(LCC)、
フライドバイはドバイ発着のインド2路線で
新規就航と増便を発表しました。

新規就航はドバイ/ムンバイ線で、
10月28日から運航を開始します。

運航は、ドバイ発が火、木、金、土、日、
ムンバイ発が月、水、金、土、日の週5便。

フライドバイは6月に就航した
デリー、コーチ、ティルヴァナンタプラム線の追加で
インド路線数を倍増しており、
今回のムンバイ線の就航でインド路線は7路線に。

さらに、10月28日から、
ドバイ/デリー線は週4便から週5便へ増便。

詳しいスケジュールは
フライドバイのウェブサイトを参照ください。
b0239829_2193212.jpg


なお、本ブログと弊社日本語メール窓口は
お盆期間中(8/9-8/17)はお休みとなります。
8月末までにインド旅行をご予定の方は、
既に鉄道チケットも埋まってきていますし、
早急に手配を開始する必要がありますのでお早めにご相談ください。

お盆休み中はデリーのツアーデスクのみの営業となります。
この期間中になにかお問い合わせが必要な場合には、
直接ツアーデスクまで、お電話にて
お問い合わせいただく形となりますのでご了承ください。

[PR]
by shigetatravels | 2014-08-07 21:10 | 航空/空港関連情報
<< この夏の海外旅行お役立ち情報 この夏の航空業界ニュース(その1) >>