AI乗務員、太りすぎ禁止令に猛反発+航空情報‏

みなさんこんにちは。

先日の大嵐以降、
なかなかツアーデスクのネットが繋がりません。

インド各地が雨季に入り、
天候不良によるアクセス不良と思いますが、
回答をお待ちいただいているお客様には
大変申し訳なく思います。

さて、5月中旬のことですが、
エアインディアの客室乗務員が
インド民間航空管理局(GDCA)の定めた
体重制限のガイドラインに対して、
非常識で差別的であると反発を示しています。
http://response.jp/article/2014/05/14/223211.html

5/12にGDCAが発表したガイドラインでは、
インド国内線および国際線の客室乗務員は
BMI値その他の健康状態について
基準を満たさねばならず、
BMI値がそれを超えた場合には
乗務の保留を宣告されるとしているとか。

これは乗客の安全を守るためで、
健康な乗務員のみが緊急の任務を遂行できる
とDGCA側は説明していますが、
エアインディアの客室乗務員のうち
少なくとも600名以上がこの規定によって
打撃を受けるため乗務員組合側は
反発を強めているとのこと。

こんな禁止令を弊社スタッフに当てはめたら・・・
弊社の存続自体が危ぶまれてしまいます (笑


それはさておき、今月に入ってLCC各社が
ニュースを賑わせていますのでご紹介。

1)エアアジア・インディア
バンガロール〜チェンナイ・ゴア線に就航! 
特別運賃は約582円から!

http://www.traicy.com/archives/8396974.html

エアアジア・インディアは、6月12日から、
バンガロール〜ゴア・チェンナイ線に就航すると発表。

■ダイヤ
I51211 バンガロール(05:55)〜チェンナイ(06:55)
I51217 バンガロール(18:35)〜チェンナイ(19:35)

I51212 チェンナイ(07:30)〜バンガロール(08:30)
I51218 チェンナイ(20:50)〜バンガロール(21:50)

I51320 バンガロール(15:10)〜ゴア(16:25)
I51321 ゴア(16:55)〜バンガロール(18:05)

プロモーション運賃は、
チェンナイ〜バンガロール線が
339ルピー(約582円)などとなっています。

2)LCCエアアジア、運賃無料キャンペーン!
長距離路線、ホテルも格安に。

http://www.travelvoice.jp/20140605-22263

エアアジア(AK)は
2014年6月2日~8日の期間限定で、
運賃無料キャンペーンを実施する。
搭乗期間は2015年上期で、
ランカウイ、コタキナバル、シンガポール、
シェムリアップ、チェンナイなど
国内線と国際線が対象。

長距離路線のエアアジアX(D7)も同期間、
諸サービス込の料金を最低価格で設定。
アジア各都市や、パースやシドニーなど
オーストラリア方面は、羽田発は1万1900円~、
関空発は9900円~、中部発は8900円~の設定。

クアラルンプールの場合、ビジネスクラスの
フラットベッド・シートは3万5000円~。

さらに、旅行部門のエアアジア・ゴーでは、
無料運賃と一緒にホテルを予約した場合、
最大75%割引で提供。ホテルのみの場合は
1泊最低1737円~で提供するとのこと。

3)ワンワールド、インドの航空会社の加盟を検討
http://response.jp/article/2014/06/05/224751.html

エアインディアの
スターアライアンス加盟を数週間後に控え、
競合アライアンスであるワンワールドが
インドでのパートナー獲得を計画しているとのこと。

国際航空運送協会(IATA)の定例会議において、
ワンワールドの代表取締役ブルース・アシュビー氏は
当アライアンスが数年前に
ンドの格安航空会社インディゴと会談を行っていた
という憶測について聞かれ、実際に
ブリティッシュ・エアウェイズやカタール航空、
キャセイ・パシフィック航空、スリランカ航空は
インド便による利益が大きいと認めているが、
インドの航空会社がアライアンスに加盟する予定
についてはあくまで未定であるとした。

4)エアインディアと香港航空、コードシェア便を運航開始
http://response.jp/article/2014/06/04/224675.html

先の会計年度において
500億ルピーの赤字報告を行い、
業績不振に悩まされている
インド国営航空会社のエアインディアは、
5月30日にSkytraxのメンバーで4つ星航空会社である
香港航空とコードシェア便運行に関して合意。

この合意の下に、香港航空(HKA)は
エアインディアのオペレーションによる
香港-デリー間、香港-大阪間および香港-ソウル間の
直行便の運行を開始するとのこと。

5)シンガポール航空がデリー、ムンバイエリアで
プレミアムエコノミークラスの提供を開始

http://response.jp/article/2014/06/06/224817.html

シンガポール航空は以前から、
2015年の後半にプレミアムエコノミークラス
の提供を開始すると発表していましたが、
最近デリーおよびムンバイに導入された
スーパージャンボ機A380にも、
需要の高まりに応え同クラスの座席を設定するのこと。

現在シンガポール航空保有のA380には
3つのクラスが設定されており、
スイート12席、ビジネス60席、エコノミー399席
の合計471席となっています。

プレミアムエコノミークラスの価格設定については、
市場価格ではエコノミーに比べ
サーチャージが20%から80%かかるため
検討中であるとのこと。


それではみなさん、
良い週末をお過ごしください。
[PR]
by shigetatravels | 2014-06-06 13:12 | 航空/空港関連情報
<< 鉄道情報関連ニュースとデリーの熱波 南インドに雨季到来+水害の原因 >>