インド紅茶あれこれ

みなさんこんにちは。

こちらデリーは最低気温22℃、
最高気温36℃と毎日暑い日が続いています。

こんな暑さを避けてインド人がこぞって
避暑に向かう観光地のひとつが
ダージリンやアッサム地方です。

世界的な紅茶の産地、
インド北東部アッサム州で、
紅茶プランテーションの園労働者が
劣悪な生活環境の中で働いている―。

米国の法科大学院が16日、
現地非政府組織と協力してまとめた
調査報告書を首都ニューデリーで発表しました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-19/2014041907_02_1.html
調査は米コロンビア大法科大学院と
インド非政府組織の調査員が
2012年から13年にかけて、
アッサム州と隣接する西ベンガル州の
計17カ所の紅茶園を訪問して実施しました。
b0239829_1326414.jpg

その結果、
1)賃金が両州の最低賃金を大きく下回る
 日額90ルピー(約151円)前後に抑えられている

2)労働者のノルマが6年間で4割アップされ、
 達成できないと日給が半額に削られる

3)労働者居住区の下水がしばしばつまり
 汚水があふれている

4)適切な医療設備が整備されていない

―などの事実を確認。

プランテーション労働者の地位について
定めたインドの労働法規に
違反していると指摘しています。

これらの茶園を運営する会社は
老舗財閥タタグループと世界銀行が
実質的に設立し、出資しています。

共同執筆者のピーター・ローゼンブラム教授は会見で
「タタは国際的な紅茶ブランドを展開する大企業。
世銀は各国の税収入から拠出金を得る存在。
ともに、茶園運営会社に社会的責任を
果たさせる大きな責任を負っている」
と語りました。

インド紅茶の定番と言えば、「チャイ」ですが、
ダージリンではチャイは飲みません。
ストレートで飲むのが一般的なのをご存知ですか?

ダージリンティは春3-4月頃に摘まる
ファーストフラッシュと、
5-6月頃に摘まれる2ndフラッシュ、
そして9-11月頃にかけて摘まれる
オータムナルの3種類に分類されます。

2ndフラッシュとオータムナルは
茶葉がオレンジ〜茶色をしており、
文字通り紅茶と呼ぶに相応しい外観。

それに対し、春3-4月に摘まれる
ファーストフラッシュの茶葉は
緑色をしていて、お茶の水色も
緑茶や烏龍茶、白茶のような色をしています。

ダージリンは、ヒマラヤ山麓の
茶木から産出される紅茶で、
色合いは「紅茶のシャンパン」と称されるほど、
透明感のある美しい橙色が魅力です。

香りも繊細なので、何も加えずに
ストレートティーで味わうのが最適です。

アッサムは、その名のとおり
「アッサム平原」の茶葉から抽出される
濃い茶褐色の紅茶です。

適度な渋みとコクのある味わい、
そして芳醇な香りが特徴で、
こちらはミルクティーにするのがおすすめ。
アッサム本来の濃厚さが引き立って
おいしくいただけます。

ニルギリティーはインドの最南部
に位置するニルギリ高原からきていますが。
アッサム地方に次いで
インド第三の紅茶の産地として有名です。

ニルギリの名称は、現地の言葉で
「青い山(ブルー・マウンテン)」という意味で、
その名前の イメージ通りの
爽やかな香りと、クセの無い
すっきりとした軽やかな味わいが特徴です。
やさしい香りと渋みの少ないニルギリ紅茶は
レモンティーで楽しまれることをおすすめします。
b0239829_13272617.jpg

ちなみに、セイロンティーというのは、
セイロン島で作られた紅茶、という意味で、
セイロン=スリランカ産の紅茶です。
セイロンティーは大きく分けて5種類あります。

・「ヌワラエリア」は、緑っぽい香りと心地よい渋み。
・「ウバ」は、爽やかな香りと強い渋み。
・「ディンブラ」「キャンディ」は、香りも味もマイルドで優しい味わい。
・「ルフナ」は、蜜のような香りで濃厚な味わい。
 黒っぽく濃い水色なのでミルクティ向きです。

アールグレイは、中国産の茶葉に
ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶。
フレーバーティーの一種です。

透明感のある色合いと豊かな
香りを合わせもつ紅茶なので、
ストレートでもミルクティーどちらでも楽しめます。
夏はアイスティーにするのもいいですね。

ちなみにアールグレイの名前の由来は、
この紅茶を好んだ1830年代に活躍した
英首相「グレイ伯爵」にちなんでつけられたのだそう。

暑いデリーのエアコンの効いたツアーデスクで
濃厚な甘いチャイを片手に
紅茶について語ってみました…。
b0239829_13264455.jpg


なお、本ブログと弊社日本語メール窓口は
ゴールデンウィーク期間中(4/26-5/6)はお休みとなります。
デリーのツアーデスクのみの営業となりますのでご注意ください。

[PR]
by shigetatravels | 2014-04-24 13:33 | インドあれこれ
<< スパイダーマンにヒジュラ候補 ... ゴールデンウィークにおける海外... >>