インドの富裕層が移民しない理由とは―

みなさんこんにちは。

日本では子供の教育のためや、
法人税回避のために海外へ
移住する人が増加していると耳にしました。

インドは裕福でも
外国に移住する人が少ないのですが、
それについて面白い記事を見つけたので
ご紹介させていただきます。
http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=3916215

2014年3月28日、
フォーブス中国語サイトによると、
中国における最近の調査で、
資産1000万元(約1億6000万円)以上の
富裕層世帯の5分の3がが
他国への移民を考えている、もしくは
すでに移民していることが分かった。

同じく急成長している
人口大国のインドでは、
大部分の富裕層が移民せずに
インドで生活している。
b0239829_14222234.jpg

なお、ここで言うインドの富裕層は
資産100万ドル(約1億円)以上を指す。
インド人はなぜ移民を選択しないのだろうか?
その理由を分析した。

1、生活水準
生活水準の低いインドでは、
富裕層は一般家庭よりも
高い生活水準下で暮らすことができ、
使用人や運転手を雇い、
生活をより便利にする設備を
買い揃えることができる。
米国に移民して一般家庭に成り下がるよりも、
インドで富裕層として暮らす方がはるかに幸せなのだ。

2、子供の教育
インドの富裕層は子供をインドの
一番良い私立学校へ通わせることができるため、
教育を理由に移民することはあまりない。
しかしゆくゆくは海外の
大学や大学院に進学させる親も多い。
また、中国の学生に比べ、
インドの学生には高い英語レベルと
民主国家で培った多文化への高い適応能力
というメリットも存在する。

3、財産保護
インドの私有財産に対する保護は極めて強く、
個人の財産は憲法で保護されている。
そのため個人の財産は代々受け継がれ、
子孫も富裕層としてインドで生活することができる。

4、旅行の利便性
インドのパスポートで海外に行く場合、
その多くはビザが必要となるため、
この点では出国に便利な米国やカナダ、英国、
オーストラリアなどに移民して
パスポートを取得したいと願う富裕層もいるだろう。
しかし実際に富裕層が
外国のパスポートを取得している例は少数である。

インドと日本や諸外国をこうして比較すると
イロイロと面白いことがわかりますね。

以下は関連記事ですのでよろしければどうぞ。。。

日本にいったい何が、
発展途上国に起きるはずの「富裕層移民」、
なぜ先進国・日本で発生するのか―華字紙
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=85668
[PR]
by shigetatravels | 2014-04-15 14:24 | インドあれこれ
<< JET AIRWAYSグループ... バイサーキ祭&デリーの投票率速報  >>