カジランガ国立公園で勤続65年の象死亡

みなさんこんにちは。

インドには数多くの野生動物保護区がありますが、
アッサムティーで有名な北東部アッサム州、
GWAHATIの東220キロにあるカジランガ国立公園
(KAZIRANGA NATIONAL PARL)で先週、
73歳の象JOYRAJが老衰のために死亡したとのことです。
http://www.afpbb.com/articles/-/3006427
b0239829_14471089.jpg


b0239829_14464772.jpg


飼育員だけでなく、仲間の象たちも涙を流し、
その死を悼んだといいます。

カジランガ国立公園は世界的に有名な
サイの保護区で、12頭前後のゾウが
観光客を連れて園内を案内することで人気があります。
守衛も園内のパトロールでは象に乗って移動します。
b0239829_14482095.jpg


Joyrajの飼育係は新聞の取材で
「もう何十年もカジランガの人気者だった。
今朝、息を引き取った時は泣くのをやめられなかった」と話し、
「近くにいた他のゾウたちも皆、
大きな鳴き声を上げ、涙を流していた。
この光景は言葉では言い表せない」と語ったそうです。

JOYRAJは引退した2008年までの65年間を、
カジランガ国立公園のために尽くしたといいます。
「素晴らしいゾウだった。数えきれないほど多くの
観光客を乗せて園内を案内し、
サイや他の動物を見せて回った」と飼育員。
動物同士のけんかをやめさせるのを手伝ったり、
密猟防止活動に参加したりもしたといいます。

公園や森林の管理人たちもJoyrajの亡きがらに
寄り添って花のリースをたむけたとのこと。
森林管理人のひとりは
「困難な状況にもうまく対処する
Joyrajの大きさと成熟さを誰もがずっと忘れないだろう」
と語ったそうです。

73歳というと、一般労働者階級の我々インド人の
平均寿命よりはるかに長く生きたことになります。

65年前のインドを知っている者は、
ひょっとしたらこの象くらいかもしれません。

大切な命がまたひとつ消えたことは残念ですが、
ここはインド。輪廻転生を信じる土壌です。
きっと今ごろ別の土地で新たな命を授かっていると
思います。
b0239829_14484815.jpg


カジランガ国立公園(KAZIRANGA N.PARK)とは:
インド北東部アッサム州にある
430平方キロの保護区域は、
一角(イッカク)サイが群れをなして暮らす、
世界最後にして唯一の地域。
保護区内にあるカジランガ国立公園で2048頭、
オラング国立公園(ORANG N.PARK)で64頭、
POBITRA野生動物保護区域(POBITRA
WILDLIFE SANCTUARY)で84頭、
マナス国立公園(MANAS N.PARK)で
5頭の一角サイが確認されている。
b0239829_1448353.jpg

[PR]
by shigetatravels | 2014-01-17 14:56 | インドあれこれ
<< 1月19日「ムンバイマラソン」開催‏ ガンガサガールメーラ >>